フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム
PIC_0034-1.jpg

「フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム」*は、フィリピン支援に関わる市民組織(NGO)の役員・職員の能力向上、NGO間の協力関係の構築を目的として、(財)地球市民財団と共催で2009年度~2011年度に実施しました。

フィリピン支援に関わるNGOは日本に約90団体ありますが、資金調達、組織運営、事業評価などに課題を抱えています。本プログラムは、フィリピンに関わる研究者をはじめ、広報、ファンドレイズなどの専門家や開発分野での経験豊富なNGOリーダーを講師として迎え、2009年度から2011年度(最終回の講義は2012年4月に実施)の3年間で計21回の講義、事例発表、ワークショップなどを実施し、62団体より延べ合計191人が参加しました。

本プログラム全体の概要、各研修の要約、成果、今後の提案などを、「報告書・講義要録」としてまとめました。以下からダウンロードできます。

(*本プログラムは、「アジアの途上国支援に関わる市民組織(NGO)役職員の研修と相互協力(3年度)」の一環です。)


「フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム 報告書・講義要録」(報告書・講義要録全体のpdf.)
(内容:研修プログラムの概要、成果と課題、提案、全研修の講義要録、参加者のアンケート)

以下は、研修の個別の講義要録です。

2009年度の実施内容

■研修期間:2009年9月-2010年3月

■対象:主にフィリピン支援に関わるNGO職員、関係者

■研修内容

第1回
(2009年8月12日)
課題の共有とプログラム説明会
(1)「フィリピン人から見た日比間の交流と協力」
 講師:二瓶麻里((特活)日本ヌエバエシハ・ファウンデーション 代表理事)
(2)「組織の財務改善・強化を図るための社会との関係性を考える」
 講師:小林由紀男(NGO組織経営アドバイザー)
第2回
(2009年9月26日)
「効果的なイベント広報を考える」
 講師:小林由紀男(NGO組織経営アドバイザー)
第3回
(2009年11月6日)
「フィリピンの政治を知ろう!フィリピンの政治のシステムと市民社会の役割」
 講師:五十嵐誠一(早稲田大学 助教)
第4回
(2009年12月4日)
「フィリピン人の海外出稼ぎ(OFW)の現状と市民活動」
 講師:小ヶ谷千穂(横浜国立大学 教員)
第5回
(2009年12月26日)
「参加型モニタリングと評価活動ワークショップ」 
 講師:長畑誠(あいあいネット(講義実施当時) 専務理事)
第6回
(2010年1月26日)
「ジャーナリストの視点-何を見て、聞いて、どう読者に伝えるか」
 講師:野中章弘(アジアプレス・インターナショナル 代表)
第7回
(2010年2月25日)
「もっと支援の輪を広げたい! 第一弾!社会実験モデルを使った支援者獲得活動の評価と改善」  
 講師:小林由紀男(NGO組織経営アドバイザー)
第8回
(2010年3月25日)
「もっと支援の輪を広げたい! 第二弾!年次報告書におけるアピール力のある実績報告」 
 講師:小林由紀男(NGO組織経営アドバイザー)

2010年度の実施内容

■研修期間:2010年7月-2011年3月

■対象:主にフィリピン支援に関わるNGO職員、関係者

■研修内容

第1回
(2010年7月20日)
「フィリピン社会の貧困削減と日本のODAを検証する-日比両国NGOの効果的な参加について考える-」
 講師:Ms. Jazminda Lumang (Executive Secretary, IBON Foundation, Inc. )
第2回
(2010年8月9日)
「子どもの教育支援のプロに聞く!フィリピンの子どもたちと支援活動のヒント」
 講師:松浦宏二((特活)チャイルド・ファンド・ジャパン 元プログラム・グループ連絡調整事務所担当)
第3回
(2010年10月5日)
「経験者から聞くボランティア主体の活動とは!少人数のスタッフで資金調達と活動拡大をするヒント」
 講師:近田真知子((特活)地球市民ACTかながわ 代表)
         森村ゆき(一般社団法人PARACUP 代表理事)
第4回
(2010年10月14日)
「ジャーナリストの視点-何を聞いて、どう読者に伝えるか」
 講師:野中章弘(アジアプレス・インターナショナル 代表)
第5回
(2010年12月14日)
「企業との付き合い方-日本とフィリピンの資金調達の達人から学ぶ」
 講師:Mr. Norman Joseph Jiao(Executive Director, Association of Foundations)
         鶴見和雄((財)日本フォースター・プラン協会(現 公益財団法人プラン・ジャパン) 専務理事)
第6回
(2010年12月16日)
「フィリピン人NGOリーダーから学ぶ 人、資金、モノを動かすテクニック・説得の方法」
 講師: Mr. Norman Joseph Jiao(Executive Director, Association of Foundations)
第7回
(2011年2月8日)
「事例から学ぶ~共同で資金調達」
 講師:小俣典之((特活)横浜NGO連絡会 理事長(講義実施当時)
         伊藤道雄((特活)アジア・コミュニティ・センター21 代表理事)

2011年度の実施内容

■研修期間:2011年9月-2012年4月

■対象:フィリピン支援に関わるNGO役員・職員、その他関係者

■研修内容

第1回
(2011年10月18日)
「協働イベントをやってみよう パート1 「協働イベント」の意義と実践のためのノウハウ」
 講師:森村ゆき(一般社団法人PARACUP 代表理事)
第2回
(2011年11月11日)
「アピール力のある申請書のヒント」
 講師:磯田厚子(女子栄養大学 教授、(特活)日本国際ボランティアセンター 副代表)
第3回
(2011年12月16日)
「協働イベントをやってみよう パート2 実践!「協働イベント」の企画戦略会合」
 講師:森村ゆき(一般社団法人PARACUP 代表理事)
第4回
(2012年1月14日)
「フィリピンの人々の暮らしは変わるか?日本のNGOの今後の協力とは?:アキノ政権下における開発政策と経済および移住労働者への影響」( in 名古屋)
 講師:佐竹眞明(名古屋学院大学 教授)
第5回
(2012年3月17日)
「ソーシャルメディアを利用した寄付者・イベント参加者拡大の方法を学ぶ-NGO間の協働に向けて-」
 講師:山田泰久((公財)日本財団/CANPAN 情報コミュニケーションチームリーダー)

事例発表 「チャリティコンサートでのソーシャルメディア活用事例」
       大林凛(「めぐこ」-あじあの子どもたちの自立を支える会)
第6回
(2012年4月11日)
講義「フィリピンの未来を担う子どもたち-貧困そして人権を守られない子どもたちを、私たちはどのように応援し、力を合わせることが出来るのか-」(pdfには事例発表も含まれています)
 講師:Maria Rosario Piquero Ballescas(東洋大学 教授)

事例発表1「日本の子ども・若者が取り組む子ども支援」
       中島早苗((特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 代表理事)
事例発表2「貧困の犠牲者から次世代を担う子どもたちへ」
       清水匡((特活)国境なき子どもたち 広報)
事例発表3「ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン(JFC)とその家族の抱える課題と取り組み」
       Mr.Cesar V. Santoyo (日比家族センター 事務局長)