フィリピンにおける革新的ソーシャル・ビジネスへのお誘い

CARDのマイクロファイナンス・サービス

小口融資

CARD MRI のメンバー (CARD MRIでは顧客を"メンバー"と呼びます)は、1回につき5,000~150,000ペソ(11,200~3,000円)を借りることができます。借入期間 は柔軟で、1カ月から12カ月の間で自由に選択することができます。メンバーは、毎週の集会(センター・、ミーティング)で返済していきます。利率は借入の期間によって異なりますが、年利12~28%です。2017年2月現在、メンバーからの返済率は99.19%を誇ります。


メンバー積立金 (カードNGO)

CARD NGO のメンバーは、毎週の集会(センター・ミーティング)で50ペソ(約112円*)を積立金として支払います。この積立金は預金として扱われ、メンバーは、「借入金総額の20%相当額以内」という条件で、この積立金の中からお金を引き出すことが認められています。


預金 (カード銀行、リサール銀行、カード中小企業銀行)

CARD MRIのメンバーの 預金は2種類あります。ひとつは、上記の「メンバー積立金」(強制預金)。もうひとつは任意預金で、メンバーが自由に金額を決め、好きなときに預けることができます。任意で預金をしているメンバーは、必要に応じて、「借入金総額の15%相当額以内」という条件で、預金の中からお金を引き出すことができます。


生命保険

CARD MRIの メンバーは、自分と家族のために、毎週15ペソ(約33.6円*)の掛け金で、生命保険に加入することができます。保険金の支払い手続きには、「1-3-5 の原則」が適用されます。つまり、メンバーやその家族が亡くなったとき、残された家族は最初の「1」日目に、あるいは「3」日目に、遅くとも「5」日以内に保険金を受け取ることができるというものです。この保険は、 カード共済組合が運営しています。


退職積立金

CARD MRIのメンバーは、毎週5ペソ(約11.2円*)を退職金として積み立てています。メンバーは退職の年齢(70歳)を迎えると、それまでに積み立てた総額と利息分を一括して受け取ることができます。


センター・ミーティング

CARD NGOのメンバーは、毎週決まった曜日と時間に地区の集会所もしくはメンバーの自宅に集まり、 約1時間の「センター・ミーティング」を行います。この「センター」は、同じ地区のメンバー15~30人によって構成されています。

メンバーの中からリーダーと会計係が選ばれ、CARD から派遣されるアカウント・オフィサー1名も出席します。 ミーティングでは、メンバーの出欠が確認された後、小口融資(ローン)の返済金の回収、預金や保険料の受け取り、必要なメンバーには新規ローンの手続きなどが行われます。原則、メンバーは出席が義務付けられていますが、やむを得ない理由で出席できない場合は、理由書とローンの返済金やその他支払金を他のメンバーに託すことができます。

新規のローンを申請するにあたっては、メンバーのセンター・ミーティングへの出席率や期限内の返済率が、審査対象の基準となります。




* 1ペソ=2.24円(2017年4月10日の為替レート)