政策・制度変革の流れ

アジアの社会開発運動のリーダーたちと協働しながら、社会的公正実現のための政策提言を行い、提言に沿った制度の確立を図るための運動を行います。
特に、日本の政府開発援助(ODA)が、支援を必要とする貧困層の人々に確実かつ効果的に届くように政府に働きかけます。

ODAに関する提言活動

(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)を通して、政府開発援助(ODA)が有効に活用されるよう、働きかけを行っています。
「ODA大綱見直しに関するNGO共同声明」に賛同しています(2014年4月)

日比NGOネットワーク(JPN)を通して、政府の「対比国別援助計画」のフォローアップ活動を行い、フィリピン貧困層の人々の自立につながる資金的支援制度の提案を行っています。
日比NGO協働推進事業のページはこちら



国際連帯税の推進

「国際連帯税フォーラム」の会員として参加し、同会が目指す国際連帯税の実施に向けて啓発・提言活動を行っています。