日韓みらい若者支援
日韓みらい若者支援

対立をこれ以上繰り返さない― 平和な未来を遺すために、私たちにできること

私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、日中韓の市民活動家や在日外国人との交流に取り組むAsiaCommons 亜洲市民之道と協働して「日韓みらい若者支援事業」に取り組んでいます。

日本と、朝鮮半島(韓国・北朝鮮)にルーツをもつ若者たち(在日コリアン)そして韓国の若者たちが、それぞれ歴史を学び合い、共に未来を創ってゆくのを支援します。日本と韓国の若者たちが新しい未来を創っていくために、ぜひ皆さんのお力を貸してください。
[ご案内のPDFをダウンロードする]

寄付する

日本と韓国の間で繰り返されてきた対立

植民地処理や戦後の処理問題を巡り、日本と韓国の関係は対立が繰り返されてきました。
ここ1年ほどはとくに、政府間の関係が急速に悪化し、市民の間にも暗い影を落としています。

対立を解くカギは?―"共通の歴史"

日韓の活動家の声
ACC21とAsiaCommonsは、この対立を解くカギは"共通の歴史認識をもつこと"だと考え、この問題に市民の立場から向き合おうと立ち上がりました。
これからの社会を担う日本と韓国の若者たちが共通の歴史観をはぐくみ、両国社会の未来を切り開き、築いてゆけるように。
寄付する

日本と韓国の若者たちが それぞれ歴史を学び合うのを支援します

「日韓みらい若者支援事業」は次の計画で活動に取り組みます。

activityplan.jpg

◎歴史を学び合う"語り場"活動

日本と韓国の市民間の交流にかかわる団体・個人が"インフルエンサー"となって日本の若者(在日コリアンの若者を含む)が日韓の歴史や現状を学び合い、今後の関係づくりを語り合うための"語り場"を開催します(年間200人の参加を目標)。


◎関連団体の実態調査とダイレクトリー作成

"語り場"活動を始めるにあたり、"インフルエンサー"となりうる団体・個人の実態調査に取り組みます。


◎学習会・フォーラムの開催、普及活動

本分野で活躍している団体代表者や研究者を招いた学習会や、"語り場"を開催する"インフルエンサー"を集めたフォーラムを開催します。
また、フォーラムの内容はその後の"語り場"で活用できるよう冊子にまとめ、一般に普及します。

寄付する

平和な未来を遺すために- ご支援をお待ちしています

この事業へのご寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。ご寄付の金額はご自由です。
この活動を実施するための資金は、ACC21の「アジア若者みらい基金」で管理し、活動の成果や収支は定期的にご報告します。

※2年目の活動の詳細な計画は、2020年3月までに決定し、ACC21のウェブサイトなどを通じてお知らせします。


《ご寄付の使いみち(例)》
・関連団体の実態調査とダイレクトリー作成の費用
・協力候補団体との関係構築のための交通費、資料費
・学習会・フォーラム・事業委員会の開催費用
・"語り場"で使用する冊子の発行・印刷費
・事務局経費 など
15,000円あれば...在日コリアンを含む若者たちが互いの歴史や未来について学習する活動を1回開催できます


♥ご寄付の方法
《郵便振替》
口座番号 00170-6-674008
口座名称 ACC21「アジア若者みらい基金」
《銀行振込》 
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目 当座
口座番号 0674008
口座名称 ACC21「アジア若者みらい基金」

※払込手数料が無料となる振込用紙をご用意しております。ご希望の場合はお気軽に下記までご連絡ください。
また、郵便振替用紙を使わずにお振込みされる場合は、必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を下記までお知らせください。

メール:kifu@acc21.org   お電話:03-3945-2615(平日10時~18時)   FAX:03-3945-2692

※「日韓みらい若者支援事業」への指定寄付をご希望の場合は、通信欄または上記へのメールにその旨ご記入ください。
※通信欄にメールアドレスをお書き入れいただけましたら、ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。


《クレジットカードでのご寄付》
クレジットカードで今すぐご支援いただけます。システムの制約上、金額は選択肢のなかからお選びください。
毎月継続的にご寄付いただく方法と、今回のみご寄付をいただく方法があります。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ご寄付申込時にご入力いただいた住所・メールアドレス宛に、活動報告や領収書をお送りします。不要な場合はご連絡ください。

豊富な経験やネットワークをもつ団体と協力して活動に取り組みます

ACC21は、アジア各国のNGOとの幅広いネットワークを活かして様々な活動に取り組んでいます。日本国内でも、この分野で豊富な経験とネットワークをもつAsiaCommonsと協働することで、効果的な活動に取り組みます。

♣特定非営利活動法人 AsiaCommons亜洲市民之道 (東京都北区)  ▶ 団体ウェブサイト
asiacommons.jpg 2011年設立のNPO法人。
アジア各地の公民(市民・農民)、民間団体、文化・学術分野および地方行政などと連携し、個人に根ざした交流・協力のための紹介活動・国際協力・交流・公演などを行っています。
地域・個人の国際交流を推進して、個人の尊厳への意識と異文化理解の心をはぐくみ、アジア市民としての連携や豊かな生き方の探求を目的としています。
韓国人と対話をする隣人理解講座、韓国文化案内、相互理解講座(駒澤大学講座)、韓国語講座も開催。

寄付する

事業概要

事業名

日韓みらい若者支援事業

活動地域

日本国内

事業の対象者

日本と、朝鮮半島(韓国・北朝鮮)にルーツをもつ若者たち(在日コリアン)と韓国の若者たち

期間

2019年11月~2020年4月(以後、継続予定)

事業の目的

日韓の過去の歴史を、在日コリアンの若者たちの参加も得て、日本の若者たちが直視し、2国間の共通の歴史観を育み、それを基礎に両国関係の未来を志向する姿勢そして能力を身に付けるのを支援し、その輪を広げていくこと

パートナー団体

(特活)AsiaCommons亜洲市民之道[詳細]


寄付する

日韓学習会開催レポート

日韓みらい若者支援事業では両国の関係をめぐる歴史や民間交流・協力に関わる取り組みや課題について有識者や実践者から学ぶという目的で、学習会を開催しています。各学習会の開催の様子を随時アップロードしていきますので、リンク先のページからご覧ください。

第1回日韓学習会