フィリピンにおける革新的ソーシャル・ビジネスへのお誘い phil_social_business.JPG

アジア ・コミュニティ・センター21(ACC21)は、アジアの「草の根起業家」として立ち上がろうとする人々を支援し、貧困からの脱却と自立を促します。
この目的を実現するため、ACC21は、アジア各国の現地NGOと協力して、アジアの「草の根起業家」と日本の企業の橋渡しの役割を果たします。その最初の取り組みとして、ACC21の設立以来のパートナー団体・フィリピン最大のマイクロファイナンス機関「CARD MRI(CARD相互補強機構)」と協力し、日本企業によるフィリピンの「草の根起業家」支援のモデル開発に取り組んでいます。


CARD MRIとは CARDのマイクロファイナンス・サービス フィリピンの「草の根起業家」たち 日本企業の皆様へ


フィリピンの「草の根起業家」たち

フィリピンでは、他のアジアの国と同じように、多くの貧しい人々が、収入向上のため、商店の経営や洋裁、有機農業などの小さなビジネスに取り組んでいます。その取り組みを支えているのは「マイクロファイナンス」です。 マイクロファインナンスとは、貧困層を対象に零細規模のローン(融資)、貯蓄、送金などさまざまなサービスを提供する金融の仕組みです。マイクロファイナンスの主な提供機関は、国から金融機関として運営認可を受けている「マイクロファイナンス機関」や、信用組合、NGOなどです。なかには、ACC21のパートナー団体のCARD MRI(CARD相互補強機構)のように、農村開発や都市貧困層支援をしていたNGOがマイクロファイナンス機関に成長し、フィリピン最大規模にまで活動を拡大している例もあります。

このCARD MRIは、貧しい女性たちに金融サービスを提供することで、女性たち自身が「会社のオーナー・経営者」として成長することに重点に置き、数多くの実績を残しています。なかには、ビジネスを大きく成功させ、100人以上の従業員を抱える女性もいます。一方、品質改善、商品のマーケティングなどに課題を抱え、思うように事業を発展させられていない女性起業家もいます。
ACC21は、このように「草の根起業家」として活躍する女性たちが、事業をさらに持続的に発展させることができるように、同時に日本企業のビジネスチャンスにつながり共創関係ができるよう、日本と現地起業家の橋渡し役を担っていきます。


CARD MRIとは [詳細]
1986年、農村支援のNGO・CARD(Center for Agriculture and Rural Development:農業・農村開発センター)としてスタートし、その後貯蓄、保険、ビジネス開発、研修などを提供する機関を次々と設立。2017年現在、14機関からなる「CARD MRI」(CARD Mutually Reinforcing Institution、カード相互補強機構)を構成している。CARD MRIは「アジアのノーベル賞」と称されるラモン・マグサイサイ賞(公共サービス部門、08年)を受賞した。フィリピン最大のマイクロファイナンス機関。


考えられる支援のかたち

アジアの「草の根起業家」たちは、裁縫、お菓子作り、工場経営、有機農業など、さまざまなビジネスに従事しています。その商品の質の向上やマーケティングなどの面での手助けを必要としています。

たとえば・・・

card-pg1-5.jpg

※ 商品デザインやマーケティングなどの専門スキルをお持ちの場合、個人のインターンとして現地に渡航するご相談にもお乗りします。

詳しくはこちらをご覧ください。



お問い合わせ

(特活)アジア・コミュニティ・センター21
NGO・ビジネスパートナーシップ・プログラム
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館 1階
電話:03-3945-2615
Eメール:sbpartnership@acc21.org