ASIA NOW ―アジアの現場から

【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援

■2011年12月19日Share

【募金は終了しました。多大なるご協力を有難うございました。】
※2012年12月に発生したフィリピン台風への支援はこちら

ミンダナオ島を襲ったフィリピン台風21号(センドン)被災者支援活動を開始
ご支援をお願いします


日本とフィリピンのNGOの協働推進に取り組む「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、東京都)は、「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」(事務局:CODE-NGO、マニラ市)からの要請を受けて、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を開始しました。 台風21号の被災地であるミンダナオからは、2011年3月11日の東日本大震災に際してPJPを通して寄付が届けられ、日本のNGO団体による復興支援活動に役立てられています。
⇒募金の方法についてはこちら

最新情報
最新情報はJPNのウェブサイトにて発信しています。どうぞご確認ください。
 ・2011年12月29日 フィリピン台風21号被災者支援 バライ・ミンダナオ財団へ第1段 送金完了
 ・2011年12月21日 フィリピン台風21号被災者支援 12月21日 最新情報
 ・2011年12月19日 ミンダナオ島を襲ったフィリピン台風21号(センドン)被災者支援活動を開始


map

12月16日(金)に、台風21号はフィリピン・ミンダナオ島に上陸しました。

map

ミンダナオ島の拡大地図。特にイリガン市、カガヤン・デ・オロ市の被害が深刻です。

12月19日時点の台風21号の被害状況
台風21号(フィリピン名:センドン、アジア名:ワシ)は12月16日午後4時、ミンダナオ島北東に上陸し、ミンダナオ島を横断しました。鉄砲水、土砂崩れ、洪水が発生し、多数の死傷者や避難民を出し、大きな被害を生んでいます。「フィリピン国家災害リスク災害管理委員会」発表(2011年12月19日正午)によると、死者数632人、行方不明者数82人(18日朝日新聞によると800人以上(フィリピン赤十字に基づく))、総被災者数142,961人(26,928世帯)、被災家屋6,917軒(半壊・全壊含む)、被災地域はミンダナオ島の5州とネグロス島やセブ島、ボホール島の計32都市におよんでいます。とくにイリガン市、カガヤン・デ・オロ市の被害は深刻です。台風は深夜にミンダナオ島を横断ししたため、避難せずに自宅で寝ていた人が台風に襲われ、逃げ遅れて犠牲者が増えたもようです。
フィリピン国軍やフィリピン赤十字、社会福祉開発省では、行方不明者の捜索活動や物資配布を行っています。しかし、それら政府による支援は主に市内の避難所にいる人々を対象としており、市の中心から離れた地域の半壊した家や、避難所に入らずに近隣の家に避難している人への支援が不足している状況です。クリスマスを前に、家もプレゼントも流され、子どもたちは悲しみにくれています。


支援活動の概要  *12月19日時点の情報です。最新の情報は、上記リンクからご確認ください
「日比NGOネットワーク(JPN)」では、現地カウンターパートナー団体との強い協力関係を生かし、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を開始します。お寄せいただいた寄付金は、現地NGO団体「バライ・ミンダナオ財団」(Balay Mindanaw Foundation, Inc)を通して、政府による支援から取り残された被災者に届けられます。
【対象】
カガヤン・デ・オロ市とその近隣地域、ミサミス・オリエンタル州の被災者457世帯
【支援内容】
食糧、飲料水、衣服、生活用品の提供
※支援活動の結果は追ってご報告いたします


ご寄付のお振込み方法
下記口座にお振込みをお願いいたします。
12月26日(月)までにお振込みいただいたご寄付は、27日(火)に現地団体に送金しました。
(2012年1月末まで寄付を受け付けます。)

<振込口座>
  緊急支援口座
  みずほ銀行 駒込支店
  口座番号:0559-1126638
  口座名:ACC21緊急復興支援
       (エーシーシーニジユウイチキンキユウフツコウシエン)

注:20%(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)を目安に 事務局活動費に充当させていただきます。


※お振込の履歴からはご連絡の情報を得ることができません。
  お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
  電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692
  メールアドレス:jpn@acc21.org


【台風21号について】
台風21号は、15日午前10時頃にフィリピンの領域に入り、午後にはミンダナオ島北東部に接近。その後、同午後10時頃にはミンダナオ島北東部、東ビサヤス地域(セブ島やボホール島など)で降雨が始まりました。ゆっくりとしたスピードで台風は進み、16日午後4時にはミンダナオ島北東部の町ヒナトゥアン(北スリガオ州、カラガ地域)に上陸し、同午後10時頃、ミンダナオ島中央部のバライバライ市(ブキッドノン州)に入りました。台風はそのままミンダナオ島を横断し、スールー海に抜け、18日午前4時パラワン諸島に再上陸。18日午後にはフィリピンの領域を抜け、南シナ海を西に進みました。


【情報源】
National Disaster Risk Reduction and Management Council外務省HPフィリピン赤十字デジタル台風