ASIA NOW ―アジアの現場から

Asians helping Tohoku 2012 #S2

picS2-01.jpg

3 volunteers from China, Malaysia and Taiwan joined volunteer activities from August 24th to 27th. They helped local people working in fishery at Ishinomaki city in Miyagi prefecture.

We are posting pictures on our facebook page.



◆AKIKO from China◆
picS2-01.jpg

Q:災害後1年5ヶ月が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
家を再建するのはとても大切ですが、人々の心を再建するのはもっと大切だと思います。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
初めてボランティアしました。一番感想は自分が助けたことより、もらったことがもっと多かったです。自分はしたことがとても少なかったですが、元気な当地のおばあちゃんたちと話し、おいしい料理も食べてもらいました。方言があまりわからなかったですが、元気な皆さんに会ったのは本当にうれしかったです。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害についてあなたの国の人々に何を伝えたいですか。
私たちはできることがとても少ないですが、被災地区に行って皆さんに会い、話すなど簡単なことが助けになるかもしれません。

Q: 世界の人々へのメッセージ
私たちは地球村のメンバーで、愛のきずなで結ばれています。

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆YED from Malaysia◆
picS2-02.jpg

Q:What impression did you have on Tohoku after 1.5 year of disaster?
To me, as reported in the media, Tohoku is still undergoing recovery at steady pace. I could see many buildings and properties have been rebuilt and used for daily purpose but in the same time, there are still a lot of properties, houses, and buildings that are left as they are since the tragedy. As for the people, because earthquakes and tsunamis are inevitable elements in Japanese's lives, they seems to manage to get over it and full recovered, mentally.

Q: Please describe your experiences and tell us your reflection of them.
When I arrived, I was taken straightly to the fishermen village. The village barely show any scar from tsunami. Maybe because of its location. Then when I was taken around the city, then I could really see some of the undisposable junks and left houses/buildings. The surrounding of Ishinomaki yet have after-math of the tsunami, indeed, but the people don't. The people at the fishermen village welcomed us very warmly and look cheerful throughout out visit. They even gave us free fish and oysters. It is good to see their smiles back because one of the coordinators said that they didn't go out oftenly since the disaster but because all of these volunteering work, they started to acknowledge us open themselves more.

Q: What did you learn from Tohoku and what would you like to suggest to your country people in case of natural disasters that might happen in your country?
I learnt that recovery from such terrifying tragedy certainly is not easy and takes time. The rebuilding, reconstructing takes times and a lot of work but the recovery of the people that really matters. Because when the people recover, the things around them would.

Q:Your message to the people of the world.
I was touched to see the spirit and motivation that the Japanese have moved on and the strength of their hearts, though some of them had lost everything. But life goes on, we cant walk forward by looking back. Keep on living to the fullest, and appreciate life more.

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆JIMMY from Taiwan◆
picS2-03.jpg

Q:災害後1年5ヶ月が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
最初綺麗な町と海浜と感じました。
大津波の爪痕とがれきがまだたくさん残っているがライフライン全般にあまり不便と思わなかったです。また、町の建物や工場など、建て直しているので復興は進んでいると感じていました。早く完全に復興出来ますように応援しています。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
今回のお手伝いはカキ養殖、草むしりと桃浦のお祭りを手伝いました。一日目狐崎についた途端に、地元のお婆さん達が笑顔で迎えに来てもらいました。作業はホタテの貝殻を穴開けながら、漁師さんと話し合ってコミニュケーションが取れてとても良かったです。昼ごはんは新鮮な刺身、魚ハンバーグ、などのお婆ちゃんたちの手作り料理を美味しく頂きました。そして、船を乗らせていただいて、カキ見学に行ってきました。いろいろ紹介してくださって、大変勉強しました。帰るときに親切でまた遊びに来てねって一言だけでとても暖かいと感じていました。二日目は塩害になった田んぼを草むしりして、桃浦のお祭りを手伝いました。自分の小さい力で何か役に立つことが出来たら、嬉しいと思いますが。最初重たい気持ちで被災地に支援しようと思ったのに逆に笑顔で元気な地元の人々に励まされて東京に帰ってきました。今回の出会いは自分人生の宝として大切にして行きたいと思います。また、手伝いに行きたいと思います。貴重な経験となり、狐崎、JEN、ACC21の皆さんに心を込めて感謝しています。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害についてあなたの国の人々に何を伝えたいですか。
日本史上最大の大津波に遭いまして凄く大変ですが災害に負けず、諦めないことは大切だと思います。大自然と共生して、今回の教訓を活かせて防災の意識を高めて欲しいともいます。

Q: 世界の人々へのメッセージ
東北大震災により大津波に遭いましたが被災地の方々には震災に負けないように復興を目指して頑張っていることはとても実感していました。一人の力が小さいですが皆さんの力を集まって頂いて被災地に応援して行きたいと思います。