ASIA NOW ―アジアの現場から

Asians helping Tohoku 2012 #S4

picS4-01.jpg

11 volunteers from Vietnam, China, Taiwan, Malaysia, Sri Lanka and Myanmar joined volunteer activities in Miyagi prefecture from September 7th to 10th. 9 volunteers helped local people working in fishery at Ishinomaki city and 2 volunteers helped children leaning at Tome city.

We are posting pictures on our facebook page.



◆LONG from Vietnam◆
picS4-01.jpg

Q:災害後1年半が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
地震と津波の被害のあとはまだあちこちに見えました。特に、最も印象に残っているのは津波で壊された車が集められていたが、まだ処理されていなくて、山のように積み上げられたままです。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
今回の活動では、漁師さんを手伝い、孔を開ホタテの殻を袋に入れた作業でした。その殻を鉄線で結び、海に入れて、牡蠣の住む場所になるらしいです。
地元の皆さんはとても親切です。料理を作っていただいたり、牡蠣の養殖について教えていただいたりしました。色々勉強になりました。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害について貴方の国の人々に何を伝えたいですか。
明るくて頑張っている地元の皆さんを見て、自分も頑張らなければいけないと思っています。自然災害は避けられないが、経験を教訓にして、いつ来るかわからない災害に十分な備えをしておかなければなりません。そうすると、被害を少なくすることはできます。

Q:4. 世界の人々へのメッセージ
自然災害はどこでも起こる可能性があります。自然災害で被害を受けた地域を手伝うのがとても大切です。自分だけのために生きているのではなくて、他人のためにも、生きてほしいです。

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆NANNAN from China◆
picS4-02.jpg

Q:災害後1年半が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
海も山もきれいな町だと感じました。瓦礫や壊れた建物などがまだ残っていますが、たくさんの団体がそこで活動しているとともに、地元の人々も故郷を復興させるようにいろいろ懸命に頑張っている姿が印象的でした。

Q:東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
今回は登米市と南三陸町と石巻市の子ども達の学習支援のお手伝いをやっていました。実はボランティアに行く前に、子ども達は家や学校がなくなってしまって、みんな落ち込んだり、イライラしたりしていたら、どうやって声かけたらいいのかといろいろ想像して不安だったです。しかし、意外に元気な子どもばかりで、虫取りやクイズゲームや鬼ごっこなどでみんな盛り上がりました!帰るときに、子ども達が笑顔で「また来て!」と手を振りながら、見送りしてくれた時、支援ボランティアで来ている自分が逆に癒されたと感じました。また、今回お泊りさせていただいたHSF団体の二人のボランティアの方からもいろいろ話を聞かせてくださって、被災地で活動している団体の方々がみんな繋がって一緒に頑張っていることも分かりました。人生初めての被災地ボランティアだったけど、今回の経験は一生の宝物として大切にしていきたいと思います。

Q:東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害について貴方の国の人々に何を伝えたいですか。
一人ひとりの力には限りがあるが、たくさんの人が集まって頑張っていくと、どんな困難があっても、乗り越えられます。 自然災害は避けられないですが、諦めずに頑張っていけば、いつか故郷がきっと建て直れます。

Q:世界の人々へのメッセージ
地球が一つの村になって、各国の人々がみんな仲良く助け合うと、言葉が通じなくても、心は繋がっていきます!

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆KAIN from Taiwan◆
picS4-03.jpg

Q:災害後1年半が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
ボランティアの初日はいい天気でした。真っ青な空、緑滴る森、金色の稲田、目に映したのは色が鮮やかな絵みたいの綺麗な東北の景色でした。しかし、よく見ると、車の残骸や津波で骨組みを残して破壊された建物も見られます。まだ回復していないところを見ると、地震と津波が起きたときはどんなに怖いのが想像できます。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
 S4のメンバーの中で、私と中国人の友達二人だけNPO法人団体HSFが主催している子ども教育支援活動「こども未来館プロジェクト」に参加しました。活動の内容は、大学生のボランティアとHSFのスタッフ達が宮城県内の様々な仮設住宅地において、被災した子どもの学び、遊び、育ちの場づくりを行うということです。
初日のメンバーは私と友達の他、東北の女子大学生二人とHSFの東北出張所代表の大重さんも一緒に参加しました。活動の会場へ行く前に、大重さんは私たちを南三陸さんさん商店街へ連れて行ってくれました。津波被災状況はひどい宮城県では、たくさんの住民が今仮設住宅で生活を送っています。南三陸さんさん商店街も仮設商店街ですが、あそこで元気で接客する人々の姿が見られます。
会場に着いた時、そちらの住民と学生達はちょうど復興活動について討論していました。活動の内容があまり詳しくないですが、地元のおじいさんとおばあさんも若者のように積極的に発言した姿が印象に残っています。それから当日初めての教育支援が始まりました。参加した子ども達は小1から小5の学生でした。子ども達にせめで三十分真面目に勉強させたいけど、子ども達に落ち着かせるために時間を少しかけました。外国人の私は日本語が上手ではないから、最初はとても緊張しました。しかし、時間が経つにつれて、子ども達は心を開いてくれて、一緒に楽しく遊びました。
夕方に別の会場に行ってきました。多分そこに行った子どもは午前の会場の子ども達よりちょっと年齢が多いので、比較的落ち着いた雰囲気がありました。子ども達は偶に集中できませんが、頑張って宿題を完成しました。子ども達の姿を見て、自分の幼い頃のことも知らず知らずのうちに思い出されました。
2日目のメンバーは私と友達二人のほか、大重さんとHSFの事務局長でした。時間が少ないので、その日に会場を一軒しか行きませんでした。そこの子供達は私達が知っていても、情熱に話をかけたり遊んだりしてくれるし、勉強にも熱心で、本当にいい子達だと思います。 子ども達に勉強させたり、教えたり、遊んだりすることは私にとってとても新鮮で大切な経験です。言語的隔たりはありますが、お互いに理解してくれることができて、素晴らしい国際交流の経験にもなりました。私の微力で子ども達に大いに役に立てられませんが、一緒に過ごした短い時間のことは子供達のいい思い出の一つになれたらいいと思います。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害について貴方の国の人々に何を伝えたいですか。
地震が起きた時、台湾にいた私はテレビを通して東北が津波に襲われた光景を見ました。その恐るべき画面は今までも記憶の中に残っています。今回のボランティア活動をきっかけで、災害後1年5ヶ月が経ってだんだん美貌を取りもとしてきた東北を訪ねました。心に刻む綺麗な自然の風景が忘れられません。そして、地元住民らは老若男女を問わず心が一つになって被災した家を建て直すを見て、その様子に感動させられました。子ども達も元気に笑顔を咲いていて本当によかったと思います。
今回の活動から、日本人の困難に直面するとき、皆が一心になって頑張ってそれを乗り越える態度を学びました。台湾も日本と同じように、地震が頻発する島国です。私達は、普段から地震や災害に備えるほか、日本人の災害時の冷静な対応も学ぶべきだと思います。

Q:世界の人々へのメッセージ
災害後の日本東北は、地元住民らと各地からのボランティアにより、復興に向け進んでいます。遠くない将来に、東北被災地の住民が元の生活に戻ることができ、さらに丈夫な新しい家を建てられると信じています。

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆SIEWPEY from Malaysia◆
picS4-04.jpg

Q: What impression did you have on Tohoku after 1.5 year of disaster?
It is still in a recovery process and I think residents are working hard to rebuild their hometown.

Q: Please describe your experiences and tell us your reflection of them.
I was involved in sawing the fishing net. All the ojisan and obasan were very committed to their work and they actually like to talk to people from outside. It was a good experience to talk with them but just that my nihongo is not good so I could not understand most of the conversation.
It was interesting to find out how the oysters work is carried out and I was happy to have the explanation from the local people. This program offered a good chance for me to experience the beauty of nature and at the same time, helped out the Tohoku people with the recovery process although it was just a small piece of work that I could do.

Q: What did you learn from Tohoku and what would you like to suggest to your country people in case of natural disasters that might happen in your country?
From the way Ishinomaki residents work hard together to recover their hometown, I have learnt that unity is the key point to achieve a common goal. In case of natural disaster, I would like to suggest Malaysians to unite and fight against the disaster as well as recover our home country.

Q: Your message to the people of the world.
Volunteer program is a great chance to experience how the people actually work hard to rebuild their hometown and we should try our best to commit in this work so as to gain valuable experience.

◆SAMANTHA from Malaysia◆
picS4-05.jpg

Q:What impression did you have on Tohoku after 1.5 year of disaster?
The first moment I reached Ishinomaki, I saw plenty of houses and shops were opened and it seems that the people here are already returning to their normal life path. It was totally different from the images that what we had seen on television when the tsunami struck last year. I was really surprised and amazed about the recovery speed of this place.

Q: Please describe your experiences and tell us your reflection of them.
When we reached Ishinomaki, we have been assigned to different types of work. I was helping the fishermen to make holes on the oyster shell. The worker there explained to us about the details of oyster farming, such as, how to cultivate an oyster and the duration for the oyster to grow big enough and available for selling. We really had fun while doing this job although it seems to be a simple job, but it certainly is the important step for oyster farming. At lunch time, we were served with fresh sashimi and also fish burger. The sashimi and fish burger were superb, we really feel thankful for the delicious meal that prepared by the obaasan.

Q: What did you learn from Tohoku and what would you like to suggest to your country people in case of natural disasters that might happen in your country?
Help the people to gain back their smile is what we can do through this Tohoku program. Although we can't help them to get back what they used to have in the past. But, our action and care will always remind them that they are not alone. Life still goes on although the disaster had taken away what those are value for them, such as lives, and property. However, the disaster can't take away their hope for the future of this place. Natural disaster will happened in anytime and anywhere which is unpredictable, but it certainly make us -human realize that how short the life will be and the uncertainty that will happen in our life. Appreciate for what we have from now. In my opinion, early prevention and precaution that should take before the natural disaster happen.

Q: Your message to the people of the world
Life is fragile, as a human that living in the same globe, we should love and care of each other across the boundaries of races, religions and countries. We should always make the world the safest place for our next generation. Love and Safe the world.

◆CHAU from Vietnam◆
picS4-06.jpg

Q: What impression did you have on Tohoku after 1.5 year of disaster?
Although there are some signs of the disaster remaining, the recovering of Tohoku is awesome! Everything is clean, and the life of local people came back as the disaster was never occurred. I admire that very much!

Q: Please describe your experiences and tell us your reflection of them.
We went very far from Sendai station to the center of tsunami-affected area. The first impression was that the scene is so beautiful with beach, sea, mountain, greens and fish boats. People there were very friendly and plain - they laughed all the time! Works were a little hard but we enjoyed a lot of fun. My work was making the hole on the shell, some others fixed the fishing net or transported the shells. They told us that those shells will be used to grow oysters. Tons of shells were swept away by the tsunami, so now people have to renew them. After work, we were treated by local people with super tasty fresh sashimi.
Some other things gave deep impression to me was the huge broken car dump and the remaining part of a school as well as a convini. It is difficult to imagine that it was a school or convini similar to what we often see in our living place. Those images helped us understand how terrible the disaster was.

Q: What did you learn from Tohoku and what would you like to suggest to your country people in case of natural disasters that might happen in your country?
It is obviously that to be watchful over the natural disaster is very necessary. Everybody have to prepare in the case of sudden disaster. During the disaster time and after that, solidarity is the most important thing to recover quickly.

Q: Your message to the people of the world
Japan is very resilient, but still they need help and encouragement! Help them, and then you can learn from them!

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆DRAN from Vietnam◆
picS4-07.jpg

Q:災害後1年5ヶ月が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
被災後1年5ヶ月が経った東北の状況について、復興がまだ進んでいない印象を持ちました。確かに被災のごみが片付けられて、津波の跡はほとんど残りません。けれども、壊れた家や学校が直されていない、津波に襲われた地域が草でカバーされている悲しい景色に驚いました。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。.
地元の人が優しくて、毎日毎日努力していると感じました。短い二日間で漁師と網の修理をやったり、殻からホタテの巣を作ったりした。漁師の仕事はどんなに大変か分かりました。また、鯵やカツオの刺身やハンバーガーなどとてもおいしかった。やはり朝取った新鮮な魚の料理は最高です。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害についてあなたの国の人々に何を伝えたいですか。
東北ボランティアから自然の持つ巨大な力を感じました。やはり人間の技術が非常に高くなっても、自然の力に負けると思っています。また、被災地の現場に立って、新聞やテレビで見た光景と全然異なりました。恐ろしくて悲しい感じでした。
私がベトナムの人々に伝えたいのは自然への尊敬の念です。

Q: 世界の人々へのメッセージ
東北はみんなの力が欲しい!

>>Message in Mother tongue (PDF)

◆CUONG from Vietnam◆
picS4-08.jpg

Q:災害後1年半が経った東北の状況について、どのような印象を持ちましたか。
テレビ、インターネット等で被災地の写真を見ましたが、やっぱり実際で見た感覚は違います。天災のひどさがよく感じました。まだまだたくさんの援助が必要だと思います。

Q: 東北ボランティアでの経験とその感想を聞かせてください。
ボランティアの活動で漁師たちの仕事がなんとなく分かるようになりました。その大変さも味わうことができました。今回のボランティア活動で農村の人たちと初めて会いました。やっぱり農村の人と町の人は違います。日本人のイメージがちょっと変わりました。狐崎の人たちの優しさ、笑顔はいつまでも心に残ります。

Q: 東北ボランティアから何を学びましたか。また、自然災害について貴方の国の人々に何を伝えたいですか。
今回のボランティア活動から、人への思いやりがなによりも大切だと学びました。ボランティアを参加した私たちはあまり役に立ちませんでしたが、狐崎の人たちは楽しみにしてくれました。人から思いやりをもらうのはなによりも幸せだと分かってきました。そして、もらう側だけではなく、あげる側も幸せです。
ベトナムの人たちへのメッセージ:自然災害がひどいもので、いつ来るか分かりません。 ですから、今自分が持っているもの(友情、家族、...)を大切にしてほしいです。

Q:世界の人々へのメッセージ
我々が生活することと共に、自然を傷つき続けています。自然をもっと怒らせないように、自分ができることから自然を守りましょう。

>>Message in Mother tongue (PDF)