ご支援のお願い|コロナ禍のフィリピンで自立をめざす路上の若者たちのためのクラウドファンディング

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、2021年7月19日より、フィリピンの路上の若者たちのためのクラウドファンディングを開始しました。コロナ禍のフィリピンで自立をめざす路上の若者たちに支援を!と題し、8月31日までに150万円の目標達成をめざします。

コロナ禍はフィリピンの路上で暮らす若者たちにも大きな影を落としています。

これまで以上に困窮する若者たちが、
コロナ禍を乗り越え、
生きる希望を取り戻し、
自分たちの力で生活してゆけるように―

いま、あなたのやさしいお気持ちで、
このクラウドファンディングへのご協力をよろしくお願いします。

※クラウドファンディングを通じたご寄付も、税制上の優遇措置の対象です※

ACC21はこれまで、フィリピンの若者たちが路上を抜け出し自ら生計を立ててゆけることをめざし、職業技術やライフスキル(日々のさまざまな問題に対処する力)を学ぶ機会を提供してきました。これまでにプロジェクトを修了した若者は67人に上ります。
これまでの活動についてはこちら

しかし、2020年春以降、コロナ禍はフィリピンの社会や経済に大きな影響を及ぼしました。多くの若者が失業し、今日明日の食べ物にも困りながらこれまで生き抜いてきました。

路上で暮らす若者たちの就職や自立はますます難しくなり、よりいっそうの支援が必要です。

そこで、より充実した支援を若者たちに届けるために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。
クラウドファンディングを通じていただいたご寄付は、

・20人の若者への「自立支援プロジェクト」の提供
・過去の研修生67人の現状調査とフォローアップ

のために活用し、若者たちがコロナ禍を乗り越え、貧困の悪循環を断ち切り、路上の生活を抜け出せるように力強く支援していきます。

コロナ禍で自立をめざす若者たちのために、ぜひキャンペーンへのご協力をよろしくお願いします。

\キャンペーン概要/

コロナ禍のフィリピンで自立をめざす路上の若者たちに支援を!

期間:2021年7月19日(月)~8月31日(火)
目標金額:150万円

支援方法:
詳しくは下記の手順をご確認ください。ご支援にあたり、「CAMPFIRE」へのユーザー登録が必要になります。ご支援方法についてご不明な場合や、別の方法でのご支援をご希望の場合は、kifu@acc21.org(担当:辻本)までお問い合わせください。

※クラウドファンディングを通じたご寄付も、税制上の優遇措置の対象です。

▼CAMPFIREからのご支援の手順▼

1.下記URLにアクセスします。

https://camp-fire.jp/projects/view/433828

2.右側の「プロジェクトを支援する」をクリックします。

3.お好きな金額が記載されたリターンを選び、「このリターンを選択する」をクリックします。

4.ログイン画面が表示されます。

CAMPFIREでのご支援が初めての場合は、左側の[新規会員登録]のメールアドレス入力欄にお使いのメールアドレスを入力し、「確認メールを送信」をクリックします。

5.入力したメールアドレス宛に、CAMPFIREから「本人確認のお知らせ」メールが届きます。

※メールの到着まで少し時間がかかる場合があります

6.「本人確認のお知らせ」メールに記載のURLをクリックすると、「アカウント情報の登録」ページが開きます。

7.お好きな「ユーザー名」と「パスワード」を入力のうえ、「利用規約に同意する」にチェックし、「登録」ボタンをクリックします。

※入力したユーザー名が、すでに誰かが登録されているものと重複すると、”ユーザー名はすでに存在します”と赤字で表示され、入力エラーとなります。その場合は、別のユーザー名を入力してください。

8.「新規登録が完了しました!」という画面に映りましたら、「続ける」のボタンをクリックします

9.お支払方法の画面が開きます。クレジットカード、コンビニ決済、後払い、銀行振込などが選べます。お好きな支払方法を選び、「お支払画面へ」をクリックします。

10.氏名・住所や、クレジットカード決済の場合はカード情報などを入力する画面が開きます。すべて入力のうえ、「確認画面へ」をクリックします。 11.確認のうえ、問題なければ「完了」ボタンをクリックして終了です。

Requesting for your kind support: Crowdfunding for Street Youth in the Philippines

From July 19, 2021, we have started crowdfunding for street youth in the Philippines.

The project is titled “Supporting Street Youth Empowerment in the Philippines under the COVID-19 Pandemic.” 

We aim to reach our goal of 1.5 million yen by August 31, 2021.


The street youth, already vulnerable before, are now hardly hit by the COVID-19 pandemic.

More impoverished than ever,

Let us support the street youth

To overcome the pandemic, regain hope and continue to be empowered

Now is the time more than ever.

We are now knocking on your kind hearts to help us with this crowdfunding project


※Donations made through crowdfunding are also eligible for tax incentives※


ACC21 has been providing opportunities for young Filipinos to learn vocational and life skills so that they can get off the streets and earn a living for themselves. To date, 67 young people have completed the project.

>>Click here to read more about our past activities

However, since March of 2020, the COVID-19 pandemichas had a huge impact on the Philippine society and economy. Many young people are unemployed and have been starving even more.

It is becoming more and more difficult for young people living on the streets to find jobs and become independent. More support is needed.


Therefore, we have decided to take on the challenge of crowdfunding in order to deliver more substantial support to the youth.

Donations received through crowdfunding will be used to:

  • Provide “Street Youth Empowerment Project” learning opportunities to 20 more youth
  • Status survey and follow-up of 67 past trainees

We are committed to helping young people overcome the COVID-19 pandemic, break the vicious cycle of poverty, and get off the streets.

Please support this campaign for the young people who aim to become independent and empowered amidst the COVID-19 pandemic.


\Campaign Outline/
“Supporting Street Youth Empowerment in the Philippines under the COVID-19 Pandemic.”(English) (Japanese)

Period:July 19 2021 (Monday) ~August 31(Tuesday)
Target amount:1,500,000 JPY

How to help:

For details, please refer to the following procedure. To support this project, you will need to register as a user of CAMPFIRE. If you have any questions about how to support us, or if you would like to support us in another way, please contact kifu@acc21.org (Contact: Tsujimoto).

How to support through Campfire

  1. Access the following URL:(English) (Japanese)
  2. Click “Support Project” (プロジェクトを支援する) on the right side.
  3. Select the return with the amount you want and click “Select this return”(このリターンを選択する).
  4. The login screen will appear.If this is your first time to support CAMPFIRE, enter your email address in the “New Member Registration”(新規会員登録) field on the left side, and click “Send Confirmation Email”(確認メールを送信).
  5. You will receive a confirmation email from CAMPFIRE at the email address you entered.It may take some time for the email to arrive.
  6. Click the URL in the email to open the “Register Account Information” (アカウント情報の登録) page.
  7. Enter your preferred “Username” (ユーザー名) and “Password” (パスワード), check “I agree to the Terms of Use”(利用規約に同意する), and click the “Register”(登録)button.If the username you enter overlaps with one that has already been registered by someone else, the message “Username already exists” (ユーザー名はすでに存在します)will be displayed in red and an entry error will occur. In this case, please enter a different user name.
  8. When you see a screen that says, “Your new registration is complete!”(新規登録が完了しました!) Click on the “Continue”(続ける)button.
  9. The payment method screen will open. You can choose from credit card, convenience store payment, deferred payment, or bank transfer. Select the payment method of your choice, and click “Go to Payment”(お支払画面へ).
  10. A screen for entering your name, address, and credit card information will open. After entering all the information, click “To confirmation screen” (確認画面へ)
  11. If there are no problems, click the “Finish” (完了) button to complete the process.

Donations may also be done through bank transfers

If you would like to make a designated donation to this project, please let us know by e-mail at kifu@acc21.org

<<About tax incentives>>

If you are living in Japan, donations from this project are eligible for deductions for charitable contributions.

In order to receive the tax incentive for charitable donations, it is necessary for you to file the final tax return with the donation receipt certificate issued by ACC21 during  the filing. The donation receipt certificate shall be sent to you from ACC21 in January 2022. Please note that the donation receipt certificate must include the address and name on the resident’s card. If the address you entered when applying for donation is different from the address on the resident’s card, please contact ACC21. If the total annual amount of donations exceeds 2,000 yen, income tax shall be deducted. The total annual donation amount can include not only donations to ACC21 but also donations to other organizations that are eligible for tax deduction (including certified NPOs, public interest corporations, political parties, national and local governments). Whether or not you are eligible for the residence tax deduction depends on the local government. Please contact your local government. Tokyo residents are eligible for the city tax deduction.

Contact for inquiries regarding this project and tax incentives》

Certified NPO Asian Community Center 21 (ACC21)

Contact: Noriko Tsujimoto and Ace Serna 

Phone: 03-3945-2615 (Weekdays 10: 00-18: 00 *)

E-mail: kifu@acc21.org

Supporting Street Youth Empowerment in the Philippines under the COVID-19 Pandemic

An English version of ACC21’s current Crowdfunding campaign: https://camp-fire.jp/projects/view/433828

The target amount is 1,500,000 JPY by August 31, 2021.

Young people living on the streets are hardly hit by the COVID-19 pandemic. We ask for your support so that these street youth, who dream to become empowered and self-reliant despite their adversities, get to continue acquiring knowledge and skills to escape from poverty. For most of our street youth participants, this is their last chance to be able to change their lives and bring themselves and their families out of poverty.

Street children and youth in the Philippines under the COVID-19 pandemic are more in need than ever. 

Let us help them regain the hope of living. We are knocking on your kind hearts.


Zero street children in the Philippines by 2030

Thank you for visiting our page. Asian Community Center 21 (ACC21) promotes the Street Youth Empowerment Project (SYEP) in Metro Manila in collaboration with Childhope Philippines Foundation (Childhope hereafter) since August 2018. The officer in charge is Noriko Tsujimoto. 

Now, ACC21 is also set to embark on the big task of achieving “Zero Street Children” in the Philippines by 2030, in support of the UN Sustainable Development Goals (SDGs).

This time, we started this campaign with the hope that you will help these promising young Filipinos take on the challenge of getting liberated from streets. However, the current pandemic has made it more difficult for them to achieve this dream.

There are around 50,000 to 75,000 street children and youth in Metro Manila alone

Firstly, please watch this video:


For decades long, the number of street children is sadly increasing rather than decreasing. 

Why the number of street children and youth is ever-increasing?

Since the summer of 2018, we, ACC21, have decided to focus on Filipino street youth in their late teens and started working to break the ever-increasing number of street youth and children.

*Life skills pertains to the ability to effectively deal with various daily tasks and problems

As of February 2021, sixty-seven (67) youth have participated in our Street Youth Empowerment Project (SYEP), acquiring vocational skills and life skills. About half of them (thirty-three, 33) have already been employed or self-employed since participating in SYEP. Click here for detailed reports so far: http://acc21.org/action/streetchildren.html#report

The COVID-19 pandemic has only worsened the state of street children and youth 

Many of our youth beneficiaries have lost their jobs. Therefore, in response, last year we distributed emergency relief supplies (food and hygiene products) for the pandemic-stricken street children and youth. We were indeed grateful for the donations of more than 1.8 million yen from a total of 118 people and groups for this donation drive.

However, emergency assistance, while very important, is a temporary first-aid measure.

Therefore, it behooves us to ask: what kind of support do they really need in the midst and more importantly the aftermath of COVID-19 outbreak?

We had discussions with Dr Harvey Carpio, Executive Director of Childhope Philippines, our local partner organization.

The current hardships under the pandemic…

In response to these challenges…

Objectives of the project

Giving young people the support they really need

Many street children and youth lack the experience of accomplishing something to the end. Simply teaching such young people vocational skills or giving them the money to start their own business will not work in the long run.

Therefore, we will support each youth to set future goals and continue to strive for independence and empowerment. In addition, we hope that the experience of accomplishing something will become a cornerstone of their future life.

Specific contents of the project  


A story of hope……

Here is a story of Hope: Myla, from a street child to a successful online entrepreneur.

We would like to also introduce Rowena, who participated in the empowerment project last year.

Rowena, 22 years old, is a former street child who has lived on the streets with her mother since she was 3 years old. The trigger was her father’s violence. She could only go to school until the 4th grade and has since become jealous when she sees children in school uniforms.

Eventually her mother remarried and her foster father became violent and left home. After that, she met with her boyfriend and soon became pregnant.

“I was only 17 years old at the time, and I didn’t know what to do to raise my child[, so I cried when I learned about my pregnancy. Still, I motivated myself for my newborn child and lived with my husband for milk and food for my child. I worked hard. “

By the age of 22, she had four children. Her husband has gone estranged because he became alcoholic, quit his job, and became abusive and violent. She is having a hard time raising children but has been trying hard to keep them from getting hungry.

“I participated in the youth empowerment project (SYEP) because I want a better life for my family. I’ve seen the lives of past trainees really change, with many of them having found regular jobs. I wanted to change and learn more myself. Through the project, I learned not only vocational skills, but also how to socialize with other people and how to save money.”

“It’s hard to find a job under the COVID-19 pandemic, but I still want to find a good job for my family so that my children won’t have to experience the hardships I’ve experienced.”

Click here for the detailed story of Rowena: http://acc21.org/asianow/post-115.html


Now is the time to support more young people more than ever

Leading young people who have lived on the streets from an early age to independence and empowerment is not an easy task. This is especially true under the COVID-19 pandemic.

But with continued support and sustained efforts, we can still help them develop their abilities and potential. And by continuing to support such young people, we envision that they shall become the agent that supports and changes society .

If the lives of young people are stable, their young children and siblings will also be able to eat enough food and receive a good education.


How donations are used

Donations to this campaign will be used for activities after September 2021.

Moreover,

  • Teaching materials and stationery costs for vocational technical training(~ 2,100 yen or 1,050 Pesos / person)
  • Food expenses for young people participating in the training (~~1,700 Yen or 850 Pesos/ day / for 10 people) 
  • Personnel expenses for local staff to support young people (~64,000 Yen or 32,000 Pesos / month)
  • And so on…

When the goal is achieved, it will be used to increase the number of target beneficiaries and also improve activities.

Working with an experienced local partner NGO, Childhope Philippines

We are working on this project in collaboration with the local NGO “Childhope Philippines Foundation, Inc.”, which has been supporting street children in Manila, Philippines for over 20 years.

Mr. Melchor, a local representative, is an experienced staff member in the educational activities of young people and children on the streets. He keeps in touch, monitors and encourages young people to stay motivated and continue to participate in the trainings actively.

We, ACC21 communicate with each other, plan activities, check progress and evaluate outcomes through online meetings and e-mails under the COVID-19 pandemic. In the planned research activity in September, we plan to interview young people online with Melchor and others.

The upper left is Child Hope’s Executive Director, Dr. Harvey, next to ACC21’s Tsujimoto and Ito (President)

Michio Ito, President and CEO of ACC21, has many years of experience in the field of international cooperation and has a wide network with local NGOs in Asia (especially the Philippines). Our involvement with ACC21 makes our activities more effective by incorporating learning from success stories in other regions, sharing experiences and collaborating with similar organizations.


What is ACC21?

Asian Community Center 21 (ACC21) is an international cooperation NGO established in 2005. We support people suffering from poverty in Asia based on a network of more than 100 local NGOs in 12 Asian countries.

Vision of the Project

The Sustainable Development Goals (SDGs) are goals that the international community aims to achieve in the 15 years from 2015 to 2030. The SDGs were adopted by 193 UN member states in September 2015.

Leave no one behind” (LNOB) is the central, transformative promise of the 2030 Agenda for Sustainable Development and its SDGs. 

To contribute to this transformative promise, ACC21 has set a big goal of “zero street children” by 2030. In Manila alone, it is estimated that there are tens of thousands of street children and youth. We sincerely hope that the street children and youth in the Philippines are “not left behind”. 

This goal cannot be achieved by us at ACC21 and our local partner organization, ChildHope alone. For this reason, we will collaborate with other NGOs and government and LGUs concerned with street children  to enliven the campaign in which the citizens of the Philippines and Japan cooperate towards this common goal.


Final words

Thank you for reading.

For young people living on the streets of the Philippines, finding a stable job under the COVID pandemic and getting out of the streets is not an easy task. Please support us so that their efforts will be fruitful. Let us help them become the future leaders of Filipino society!

How to donate..

You may directly donate to the Crowdfunding campaign: https://camp-fire.jp/projects/view/433828. Should you find it difficult to navigate through the Japanese page, you may directly contact us for donations or other inquiries through our website or Facebook page. We also invite you to get involved with this project and the rest of our projects by donating or becoming a member. You may also contact the persons in charge for this project (contact info below).

Donations may also be done through bank transfers

If you would like to make a designated donation to this project, please let us know by e-mail at kifu@acc21.org

<<About tax incentives>>

Donations from this project are eligible for donation deductions.

In order to receive the “donation deduction”, it is necessary for you to file the final tax return with the donation receipt certificate issued by ACC21 during  the filing of the final tax return. The donation receipt certificate shall be sent to you from ACC21 in January 2022.

* Note that the donation receipt certificate shall be issued and mailed by this organization, not by CAMPFIRE.

Please note that the donation receipt certificate must include the address and name on the resident’s card. If the address you entered when applying for donation is different from the address on the resident’s card, please contact ACC21.

* If the total annual amount of donations exceeds 2,000 yen, income tax shall be deducted. The total annual donation amount can include not only donations to ACC21 but also donations to other organizations that are eligible for tax deduction (including certified NPOs, public interest corporations, political parties, national and local governments). For details, please check the website of the nearest tax office.

* Whether or not you are eligible for the residence tax deduction depends on the local government. Please contact your local government. Tokyo residents are eligible for the city tax deduction.

Contact for inquiries regarding this project and tax incentives

Certified NPO Asian Community Center 21 (ACC21)

Contact: Noriko Tsujimoto and Ace Serna 

Phone: 03-3945-2615 (Weekdays 10: 00-18: 00 *)

E-mail: kifu@acc21.org


フィリピン自立支援|最も厳しいロックダウンはじまる

ACC21は、2021年7月19日(月)から「コロナ禍のフィリピンで自立をめざす路上の若者たちに支援を! 」と題したクラウドファンディング・キャンペーン(目標額:150万円、期限:8月31日)に取り組んでいます。8月5日までに22人から79万円のご寄付をいただきました。これまでにご支援をいただいた皆さま、本当にありがとうございます!

本キャンペーンは、フィリピンのマニラ首都圏でACC21と現地NGOチャイルドホープ・フィリピン財団(チャイルドホープ)が共同で取り組む「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」の継続と充実のために行っているものです。

ところが、マニラ首都圏では、新型コロナウイルスのデルタ型変異株の拡大抑制と医療システム保護のため、2021年8月6日から20日まで、最も厳しいレベルのロックダウン(強化されたコミュニティ隔離措置)が適用されることとなりました。この間、食料品などの生活必需品を購入する場合を除き原則として外出が禁止されます。マニラ首都圏にこの措置が適用されるのは、2020年3月15日~5月15日、2021年3月29日~4月11日に次ぐ3回目です。

路上で暮らす子ども・若者(ストリートチルドレン)とその家族は普段、路上を行きかう人たちを対象に商売をしたり、物乞いをしたりしてわずかな収入を得て暮らしています。これまでに最も厳しいロックダウンが課されたときには、路上に出ることも禁止され、そのわずかな収入さえなくなり、食料や生活の必需品を買うことも困難になりました。今回も同様の事態が生じることが危惧されます

ACC21では引き続き現地パートナー団体・チャイルドホープと連携を取り、路上の若者たちや家族が必要な支援につながり、ロックダウンを乗り越え、プロジェクトに参加できるよう、フォローしていきます。

路上の若者たちが少しでも職業技術を磨き、稼げる機会を増やすことで、コロナ禍でも家族を養い生きてゆけるよう、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

\キャンペーン概要/

コロナ禍のフィリピンで自立をめざす路上の若者たちに支援を!

期間:2021年7月19日(月)~8月31日(火)
目標金額:150万円

緊急支援から自立支援へ

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、2020年4月から、緊急支援活動(救援物資の配布)に取り組んできました。温かいご支援をいただきました皆さまに、厚く御礼を申し上げます。[詳細]

緊急支援活動を始めた当初、事業地のマニラ首都圏には、最も厳しい外出・移動制限措置が課され、路上で暮らす若者たちは生きていくためにお金を稼ぐこともできませんでした。

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止されているなど、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そこで、ACC21は現地パートナー団体のチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう支援に取り組みます。

コロナ禍を乗り越えて、
生きる希望を取り戻し、
自分たちの力で生活していけるように―

いま、あなたのご支援が必要です。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)とは?

ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイトFacebook Twitter

フィリピンの路上で暮らす若者たちの現実

フィリピンの首都マニラ首都圏には、極度の貧困家庭や親の虐待などにより、路上生活を余儀なくされる子ども・若者(ストリートチルドレン)が5~7.5万人いるとされています。その多くは、学校へ行けず、食事も満足にとれず、物乞い、ゴミ収集、車窓のガラス拭き、小物売りなどでお金を稼ぎ、空腹を紛らわすためにシンナーなどに手を出す子どもや若者もいます。

適切な教育を受けていないため、仕事のできる年齢になっても安定した職にありつけず、大人になっても路上での生活を続けるか、反社会的なメンバーとなり、犯罪に手を染める若者もいます。

そこで、ACC21は、豊富な活動経験をもつ現地NGOのチャイルドホープとともに、2018年夏から「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組み、路上で暮らす若者たちが自立のための様々なスキルを身につけ、収入を得て社会の有為な一員となれるよう、支援してきました。

新型コロナウイルスが若者たちに落とした影

しかし、2019年末からの世界的な新型コロナウイルス感染拡大は、フィリピンにも大きな影響を与えています。マニラ首都圏には、2020年3月15日以降、断続的にのべ3か月間厳しい外出・移動制限が課せられました。6月1日以降は一時を除き、相対的に緩和されていますが、引き続き生活に様々な制約があります。

「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」の修了生を含む路上の若者の多くは、雇用先の閉鎖や小規模な自営ビジネス(路上での雑貨や料理の販売など)の取締りによって収入が途絶え、さらなる困窮に追い込まれました。そこで、ACC21では日本の皆さまに支援を呼びかけ、チャイルドホープを通じて救援物資の配布に協力してきました。しかし、中には、そのような民間団体や政府からの救援物資だけでは十分に生活ができない若者もいます。

今後も感染の拡大と経済不振が続くとみられ、スキルや知識をもたない路上の若者が生活に必要な収入を得るのには困難が続くことが予想されます。

今こそ、自立支援を

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止など、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そのため、ACC21はチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう、この9月から2020年度の「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」を開始しました。2020年度は、コロナ禍で変化した事業地の状況(政府や自治体による移動・外出制限や経済状況)と新しいニーズに対応するため、年間の対象人数を30人から最大40人に増やすとともに、雇用状況の悪化を見越して小規模な自営ビジネスの立ち上げのための支援に力を入れます。

新型コロナウイルス感染対策を施したうえでのトレーニングのようす

また、これまでは職業技術訓練をマニラ市の人材開発センターで行ってきましたが、センターの再開のめどが立たないため、チャイルドホープの施設に講師を招いてトレーニングを実施します。

若者たちが自立するために必要な支援とは

長年路上で暮らしてきた若者たちの多くは、学校にも満足に行けず、家庭でも十分な愛情を得られていません。そのため、“何かをやり遂げた”という経験に乏しく、将来を前向きに考えることができません。そこで、総合的なアプローチで支援を行います。

特に2020年秋からは、コロナ禍で就職が困難な状況に対処するため、小規模な自営ビジネスを営むことで収入を得られるように、「小規模ビジネス開発・開始支援金」の提供(月利1%での貸付)や、生計技術トレーニング、生計活動フェアの開催などにも取り組みます。

ご寄付の使い道

いただきましたご寄付は、本事業の実施にかかわる事業直接費(トレーニングに参加する若者の食費、交通費、資料代、リソースパーソン謝金、就職のための各種手続き費用、現地通信費、会合費、カウンセリング関連費等)と、ACC21の事務管理費(本事業の立案、現地との調整等にかかわる責任者・担当者の人件費、日本での広報啓発活動費、その他経費等)に充てさせていただきます。

ACC21の年次報告書やニュースレター、メルマガなどで活動の報告をさせていただきます。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。


郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-6-718320
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※「フィリピン・ストリートチルドレン支援」事業指定寄付をご希望の場合は、通信欄にその旨お書き入れください。指定事業名が明記されていない場合は、ACC21の活動全般に活用させていただきます。

《銀行振込》

銀行名みずほ銀行
支店名駒込支店(559)
預金種目普通
口座番号1120451
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)、指定事業名を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。 また、事業の指定がない場合、ACC21の活動全般に活用させていただきます。

【フィリピン緊急支援 #11】 外出制限の緩和から1カ月、路上で暮らす人々は今

フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、路上で暮らす子ども・若者とその家族のための緊急支援活動を始めてから3か月が経ちました。おかげさまで、これまでにのべ100人以上・93万5,090円のご寄付をいただきました。本当にありがとうございます。

これまでに803,781円を現地に送り、パートナー団体・チャイルドホープが行う緊急支援活動に活用してきました。チャイルドホープは現在までに、フィリピン・マニラの路上で暮らす子ども・若者とその家族600世帯を対象に、食料や生活必需品、衛生用品などを詰めた救援キットを累計3,000袋 以上配布しました。

広がり続ける新型コロナウイルスの感染

マニラ首都圏では、3月15日から厳しい外出・移動制限(「強化されたコミュニティ隔離措置(ECQ)」)が課されてきましたが、6月1日から緩和され、公共交通機関の運行や仕事のための外出などが許可されています※1。しかし、現在もフィリピン国内の感染者数は増加していて、6月28日は1日の新規感染者数が1,368人に達し、過去最多となりました。※2

ACC21のフィリピンの現地パートナーの一つであるカサガナカ協同組合(K-Coop)は、マニラとその周辺地域の都市貧困層約42,000人を組合員としてマイクロファイナンスを提供していますが、「組合員またはその家族19人がこれまでに新型コロナウイルスやそれによる疾病によって亡くなった」との報告を寄せています。

路上の人々がコロナ禍を生き抜くためには

一方、チャイルドホープ事務局長のハーベイ医師は、現在の路上の人々が抱えるもっとも大きな課題について、「食料の確保 、雇用、保健衛生」の3つを挙げています。

“食料の確保と雇用は互いに直接関係しています。(3月中旬から5月末の間に比べて緩和されたとはいえ、)経済活動は元に戻っておらず、今も人々の移動が制限されているため、仕事を見つけることは難しい状況です。そしてこの状況は、今年の終わりまで続くと予想しています。

生計を立てる手段がないということは、家族のために十分な食料が確保できないことを意味しています


また、特に新型コロナウイルスの感染が拡大している今、保健衛生は感染予防の観点でも非常に重要です。路上の子ども・若者とその家族が引き続き健康を維持し、良好な衛生状態であるために、衛生教育や衛生用品も必要です ”

このため、引き続きACC21では、チャイルドホープと連携し、人々が生活を再建するまでの間、継続的に緊急支援に取り組みます

一方、ACC21が2018年から推進してきた「フィリピン路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」は、2カ月半余りの活動停止期間を経て6月から活動を再開し、若者たちが将来、就職・起業できることを目標に幅広い研修活動を行っています。

引き続き、緊急支援へのご寄付を受け付けております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
(「フィリピン路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」へのご寄付はこちら )

※1 6月1日から7月15日まで、マニラ首都圏には、フィリピン政府が定める4段階の「コミュニティ隔離措置」のうち、下から2番目となる「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」が適用されています。
※2 感染状況は、2020年7月7日時点の保健省発表データです

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]

【フィリピン緊急支援 #10】 路上で暮らす子どもたちからのメッセージと最新報告

フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、路上で暮らす子ども・若者とその家族のための緊急支援活動を始めて2か月以上が経ちました。おかげさまで、これまでに100人近くの方々から、90万円を超えるご寄付をいただきました。本当にありがとうございます。

今日はまず、現地の子どもたちから届いた感謝のメッセージをご紹介します。


5月下旬のニュースでお知らせしましたが、フィリピンのストリートチルドレンがコロナ禍でいつも以上に困窮していることを知り、日本の子どもたちが私たちに寄付とメッセージを預けてくれました。そのメッセージと寄付を現地に届けたところ、現地パートナー団体・チャイルドホープのスタッフはとても喜び、緊急物資に印刷したメッセージを添えて、現地の子どもたちに手渡してくれました。

この動画は、フィリピンの子どもたちから、日本の子どもたちと、支援者の皆さまへのお礼のメッセージです。

★支援をしてくれた日本の皆さん、ご寄付や継続的な支援を本当にありがとう!
★これまでにたくさんの支援を届けてくれて、本当にありがとう。みんなもくれぐれも気をつけてね。
★私たちのために寄付をしてくれた皆さん、本当にありがとう!
★メッセージで僕たちを励ましてくれてありがとう。
   ストリートチルドレンのために支援をしてくれて、本当にありがとう。
★日本の皆さん、ありがとう。これからも支援をお願いします。本当にありがとう!

ACC21はこれまでに、いただいたご寄付のうち803,781円を3回に分けて現地に送り、パートナー団体・チャイルドホープが行う緊急支援活動に活用してきました。

現地では、フィリピン・マニラの路上で暮らす子ども・若者とその家族600世帯を対象に、食料や生活必需品、衛生用品などの緊急支援物資を累計2,500袋以上配布しています。

支援物資を準備するチャイルドホープ・スタッフ

マニラ首都圏では6月1日以降、外出・移動制限の措置が緩和されました。
しかし、現在もフィリピン国内の感染者数は増加傾向です。6月中旬以降、制限措置が再度強化されるか注目されていましたが、6月末までは現在の措置が継続されることが発表されました。

外出や移動の制限が緩和されたことを受けて、路上で暮らす若者や大人たちは、生活の再建に向けて動き始めていますが、すぐにロックダウン前の仕事に就けるわけではありません。路上での雑貨の販売など、すぐに始められることから、少しずつ収入を得ようとしているのが現実です。

そのため、彼らが再び安定した仕事を見つけ、生活を再建するまでの間、継続的に支援を行う必要があります

緊急支援物資を待つ人々の列

このような状況を受け、ACC21は当面の間、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。また、並行して、3月中旬から活動を停止していた「フィリピン路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」でも、活動の本格的な再開に向け、現地と細かな調整を行っています

緊急支援だけでなく、若者たちが就職・起業のための幅広いスキルを身につけるためのサポートを行うことで、路上で暮らす若者たちの生活の再建を支えていきます。

引き続き、緊急支援へのご寄付を受け付けています。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※1 2020年6月16日時点の保健省発表データによれば、 全国の感染件数:26,781件・最新の新規感染者数:364件。うちマニラ首都圏の感染者数は13,858件、最新の新規感染者数は155件です。
※2  6月1日から30日まで、マニラ首都圏には、フィリピン政府が定める4段階の「コミュニティ隔離措置」のうち、下から2番目となる「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」が適用されています。

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]


【フィリピン緊急支援 #9】 累計2,400以上の支援物資が子どもたちの手に

ACC21は、4月初旬から、フィリピンの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市封鎖で困窮するストリートチルドレンとその家族のため、緊急支援活動に取り組んでいます。

ACC21のパートナー団体・チャイルドホープは、フィリピン・マニラの路上で暮らす子ども・若者とその家族600世帯を対象に、5月25日までに累計2,427の緊急支援物資を配布しました。また、このほかに、のべ800世帯に対して調理済みの食品を配布したほか、150世帯に衛生キットを配布しました。日本の皆さまからのご寄付は、これらの活動の一部に充てられています。(※1)

ストリートチルドレンが大人(親や親せきなど)と同居している場合、その大人が物資を受け取ります

緊急支援物資を受け取った路上の若者たちの中には、ACC21がこれまで支援してきた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に参加した若者60人が含まれています。

収入が途絶え、困窮する若者たち

彼らにインタビューをしたところ、若者たちの多くは厳しい外出・移動制限が課せられる中、屋内で暮らしていますが、収入が途絶えたことで水道光熱費や家賃の支払い、日用品の購入などが滞っています

そのような状況を少しでも改善するために、警察や自治体の監視の目をかいくぐりながら、路上での販売、ごみ漁り、荷物運び、トライシクル(三輪タクシー)、物乞いなどでわずかでもお金を稼ごうとする若者もいます。ただし、これらの活動はすべて禁止されており、取り締まりの対象となります(2020年5月時点)。

DSC02666.jpg
マニラの路上で幼い子どもを育てながら料理を販売するメイベリンさん
(「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)

制限が緩和されても影響は続く

5月28日、フィリピン政府は、マニラで3月15日から続けてきた外出・移動制限の措置を6月1日以降緩和することを決定しました。フィリピン政府が定める4段階の「コミュニティ隔離措置」のうち、下から2番目となる「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」の対象となり、これまで禁止されていた公共交通機関の運行や、人数制限が課せられていた事業所や工場の操業などが許可されるようになります。

しかし、市民の足であるジープニー(乗り合いタクシー)は運行禁止、飲食店は持ち帰りや宅配のみ許可、娯楽施設や観光施設も営業禁止、と市民の生活には大きな影響が続きます

また、残念ながら、ACC21がチャイルドホープとともに2018年夏から取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に参加し、就職を果たした若者たちも、過去2か月半の就職先の営業・操業停止によって、職を失う事態が発生しています

そのため、彼らが再び仕事を見つけ、生活を再建するまでの間、継続的に支援を行っていく必要があります

就職や自立に向けてトレーニングに励むエイセルさん
(「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)

感染の状況でいえば、全国の感染者数が17,224人(うち死亡者950人、治癒3,808人 ※2)で、新規感染者数はここ数日増加傾向にあります。しかし、チャイルドホープからの情報によれば、検査能力に限界があるため、医療従事者や症状のある患者、政治家などへの検査が優先され、路上生活者やスラムの住民への感染の広がりの実態はわかっていません。措置が緩和されることで、さらに感染が拡大することも危惧されます。

このような状況を受けて、ACC21は当面の間、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

支援物資を受け取るストリートチルドレン

これまでに、のべ95名の方から、78万円を超えるご寄付をいただきました。

引き続き、ご寄付を受け付けております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※1 配布数は、日本からのご寄付のほか、チャイルドホープが独自に集めた資金によるものを含む全体数です。
※2 感染状況は、2020年5月30日時点の保健省発表データによる。

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]

【フィリピン緊急支援 #8】 日本の子どもたちから寄付と応援の声

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

このたび、日本の子どもたち10人が、フィリピンの路上で暮らす子どもたちのために、一人100円ずつの寄付と応援のメッセージを届けてくれました

フィリピンの子どもたちに寄付とメッセージを届けてくれた子どもたち

今回、フィリピンの子どもたちへの寄付とメッセージを寄せてくれたのは、一般財団法人RINDA foundationとある都内の小学校の先生が企画した『トイトイ先生と子どもたちが作る「学びの広場」』(5月16日実施)に参加した5歳から10歳の子どもたち10人。

「それぞれの百円で、地球上の誰かを幸せにすることができるんだよ」という呼びかけと共に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、フィリピンの路上でいつも以上に困窮している子どもたちがいることが大人から伝えられました。さらに、「2,000円で1家族・7日分の食事になる」と伝えたところ、子どもたちは大変驚いたといいます。

日本の子どもたち10人からの合わせて1,000円の寄付と大切なメッセージは、フィリピンの現地パートナー団体チャイルドホープを通じて、フィリピンの子どもたちに届けます。本当にありがとうございました!

フィリピンの子どもたちへのメッセージ

ACC21 は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、緊急支援に取り組んでいます。

引き続き、ご寄付を受け付けています。

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]


【フィリピン緊急支援 #7】 ロックダウンさらに延長、外出制限は2か月半に

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

5月12日、フィリピン政府は、5月15日までとしていたロックダウン(都市封鎖)の措置を、マニラと一部地域で5月末まで延長する方針を発表しました。この措置によって、3月15日から始まった厳しい外出制限は78日間に及び、中国の武漢市の76日間を超えることになります。

緊急支援活動のようす
緊急支援活動は感染予防のため一定の距離をとって行われています

ただ、緩和の兆しも見え始めています。

感染者の多いマニラ首都圏と隣のラグナ州、セブ市では、これまでも認められていた生活必需品の購入のほか、仕事のための外出や工場の操業も一部認められるようになるようです。

それ以外の地域では、感染者の数によって緩和の程度はまちまちですが、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を取るよう義務付けたうえで外出・移動制限を撤廃する地域もあります。

しかし、マニラの路上で暮らす子ども・若者やその家族にとっては、厳しい生活が続くことに変わりはありません。

物乞いや物売り、ドライバー、日雇いの労働者などをして何とか暮らしてきたストリートチルドレンやその家族の多くは、ロックダウンが始まった3月中旬以降、まともに収入を得られていません。

ACC21は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

これまでに、77人の方から、約58万円のご寄付をいただきました。
引き続き、ご寄付を受け付けています。

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]