フィリピン緊急支援へのご協力ありがとうございました

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、2020年4月から緊急支援活動(救援物資の配布)に取り組んできました。温かいご支援をいただきました皆さまに、厚く御礼を申し上げます。

緊急支援活動を始めた当初、事業地であるマニラ首都圏には、最も厳しい外出・移動制限措置が課され、路上で暮らす若者たちは生きていくためにお金を稼ぐこともできませんでした。そのような中、皆さまからのご寄付のおかげで救援キット(食料や生活必需品など)を配布し、困窮する路上で暮らす子ども・若者たち、家族たちの生活を支えることができました。本当にありがとうございます。

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止されているなど、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そのため、ACC21は現地パートナー団体・チャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるようサポートすることとしました。2018年夏からチャイルドホープとともに取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に再び重点を置き、9月から始まる2020年度の活動では、若者たちが生活を再建し、路上の生活から抜け出せるよう、支援に取り組んでいきます。若者たちがコロナ禍を乗り越えて、自分たちの足で未来を歩んでゆけるように、ぜひ今後とも応援していただけたら幸いです。

なお、これに伴い、緊急支援活動へのご寄付の受付は、9月30日をもって一旦終了とさせていただきます。それまでに緊急支援活動のためにいただきましたご寄付は、ACC21の事務管理費(送金や現地との調整等にかかる人件費等、全体の10%)を除き、全額を救援物資の配布のために活用いたします。最終的な活動の結果は、おってご報告いたします。

改めて、これまでの温かいご支援に心より御礼を申し上げます。

《最新の情報はこちら》
#11:外出制限の緩和から1カ月、路上で暮らす人々は今
#10:路上で暮らす子どもたちからのメッセージと最新報告
#9:累計2,400以上の支援物資が子どもたちの手に
#8:日本の子どもたちから寄付と応援の声
#7:ロックダウン(都市封鎖)さらに延長、外出制限は2か月半に
#6: 現地から感謝のメッセージが届きました
#5: ロックダウンの中、路上で暮らす家族や子どもに日本からの支援が届く
#4: ロックダウン(都市封鎖)再延長で、路上の家族は困窮
#3: 日本からの支援が路上で暮らす若者たちの手に
#2: 4月9日までのご寄付295,200円を現地へ
#1: ロックダウン(都市封鎖)が延長され、ますます困難な状況に

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)とは?

ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイトFacebook Twitter

現在、全世界的に「新型コロナウイルス」の感染の拡大がみられており、日本でも感染者数が増加するとともに、日々の生活においても様々な影響や制約が出てきています。

フィリピンの子ども・若者たちが置かれている状況

ACC21が2018年夏から「路上で暮らす若者の支援プロジェクト」を通じて支援活動を行っているフィリピンの首都マニラでも、3月中旬から5月末まで街が封鎖され、生活必需品の購入などやむを得ない場合を除き外出を禁じられていました。

私たちが支援する路上で暮らす子ども・若者(ストリートチルドレン)とその家族は、日ごろから路上の片隅やスラムの狭い部屋などの不衛生な環境で暮らしています。「手洗い」のための石鹸はおろか、清潔な水さえも、手に入らないことがあります。そのため、感染するリスクはとても高いです。

また、多くの路上生活者は、路上で商品や料理を売ったり、トライシクル(三輪タクシー)を運転するなどして、日々の生活費を稼ぎ、なんとか生活しています。しかし、街が封鎖されると、食料や薬などを買うためのお金を稼ぐこともできません。貯蓄をする習慣や余裕がない家族も多いので、稼ぐ手段がなくなることは、今日食べるものがないということです。

現地の政府や自治体も、路上生活者のために避難所や食料、金銭支援などを行いましたが、すべての人々の安全や食料が十分に保障されているわけではありませんでした。

緊急支援の活動内容

現地パートナー団体・チャイルドホープは、職員の安全に最大限配慮し、マスクや手袋等の必要な感染予防を行ったうえで、路上の子ども・若者とその家族1,000世帯以上に、食料や生活必需品の救援パックの配布を行いました。

※ 現地パートナーの「チャイルドホープ」は、フィリピン社会福祉・開発省に認定された社会福祉団体のため、街が封鎖されている中でも、緊急救援の活動が許可されています。

ご寄付の使い道

いただきましたご寄付は、緊急救援物資、配布のための交通費・人件費、感染予防のための備品購入費、および一部をACC21の事務管理費に充てさせていただきました。支援の結果は、おってご報告いたします。

今後の見通し

ACC21はチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるようサポートすることとしました。2018年夏からチャイルドホープとともに取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に再び重点を置き、9月から始まる2020年度の活動では、若者たちが生活を再建し、路上の生活から抜け出せるよう、支援に取り組んでいきます。若者たちがコロナ禍を乗り越えて、自分たちの足で未来を歩んでゆけるように、ぜひ今後とも応援していただけたら幸いです。

なお、これに伴い、緊急支援活動へのご寄付の受付は、9月30日をもって一旦終了とさせていただきます。これまで緊急支援活動のためにいただきましたご寄付は、ACC21の事務管理費(送金や現地との調整等にかかる人件費等、全体の10%)を除き、全額を救援物資の配布のために活用いたします。最終的な活動の結果は、おってウェブサイト等でご報告いたします。

フィリピン緊急支援へのご協力ありがとうございました」への2件のフィードバック

  1. お金はありませんがスタッフとしてお手伝い出来ませんか?

    1. コメントをいただきありがとうございます。残念ながら、東京の事務所においては、新型コロナウイルス感染防止のため、現在原則在宅勤務としており、今はお手伝いいただくことがかないません。また、現地においても、同じく感染防止のため、限られた体制で緊急支援活動にあたっています。
      もし可能でありましたら、ウェブサイトやSNSで発信している情報を、お知り合いの方々やインターネットを通じて、共有いただけますと、大変ありがたく存じます。
      引き続き、フィリピンの路上で暮らす子どもたちに、関心をお寄せいただけましたら幸いです。
      #ウェブサイト:http://acc21.org
      #Facebook:https://www.facebook.com/acc21.org
      #Twitter:https://twitter.com/ACC21_NGO

コメントは停止中です。