緊急支援から自立支援へ

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、2020年4月から、緊急支援活動(救援物資の配布)に取り組んできました。温かいご支援をいただきました皆さまに、厚く御礼を申し上げます。[詳細]

緊急支援活動を始めた当初、事業地のマニラ首都圏には、最も厳しい外出・移動制限措置が課され、路上で暮らす若者たちは生きていくためにお金を稼ぐこともできませんでした。

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止されているなど、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そこで、ACC21は現地パートナー団体のチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう支援に取り組みます。

コロナ禍を乗り越えて、
生きる希望を取り戻し、
自分たちの力で生活していけるように―

いま、あなたのご支援が必要です。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)とは?

ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイトFacebook Twitter

フィリピンの路上で暮らす若者たちの現実

フィリピンの首都マニラ首都圏には、極度の貧困家庭や親の虐待などにより、路上生活を余儀なくされる子ども・若者(ストリートチルドレン)が5~7.5万人いるとされています。その多くは、学校へ行けず、食事も満足にとれず、物乞い、ゴミ収集、車窓のガラス拭き、小物売りなどでお金を稼ぎ、空腹を紛らわすためにシンナーなどに手を出す子どもや若者もいます。

適切な教育を受けていないため、仕事のできる年齢になっても安定した職にありつけず、大人になっても路上での生活を続けるか、反社会的なメンバーとなり、犯罪に手を染める若者もいます。

そこで、ACC21は、豊富な活動経験をもつ現地NGOのチャイルドホープとともに、2018年夏から「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組み、路上で暮らす若者たちが自立のための様々なスキルを身につけ、収入を得て社会の有為な一員となれるよう、支援してきました。

新型コロナウイルスが若者たちに落とした影

しかし、2019年末からの世界的な新型コロナウイルス感染拡大は、フィリピンにも大きな影響を与えています。マニラ首都圏には、2020年3月15日以降、断続的にのべ3か月間厳しい外出・移動制限が課せられました。6月1日以降は一時を除き、相対的に緩和されていますが、引き続き生活に様々な制約があります。

「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」の修了生を含む路上の若者の多くは、雇用先の閉鎖や小規模な自営ビジネス(路上での雑貨や料理の販売など)の取締りによって収入が途絶え、さらなる困窮に追い込まれました。そこで、ACC21では日本の皆さまに支援を呼びかけ、チャイルドホープを通じて救援物資の配布に協力してきました。しかし、中には、そのような民間団体や政府からの救援物資だけでは十分に生活ができない若者もいます。

今後も感染の拡大と経済不振が続くとみられ、スキルや知識をもたない路上の若者が生活に必要な収入を得るのには困難が続くことが予想されます。

今こそ、自立支援を

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止など、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そのため、ACC21はチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう、この9月から2020年度の「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」を開始しました。2020年度は、コロナ禍で変化した事業地の状況(政府や自治体による移動・外出制限や経済状況)と新しいニーズに対応するため、年間の対象人数を30人から最大40人に増やすとともに、雇用状況の悪化を見越して小規模な自営ビジネスの立ち上げのための支援に力を入れます。

新型コロナウイルス感染対策を施したうえでのトレーニングのようす

また、これまでは職業技術訓練をマニラ市の人材開発センターで行ってきましたが、センターの再開のめどが立たないため、チャイルドホープの施設に講師を招いてトレーニングを実施します。

若者たちが自立するために必要な支援とは

長年路上で暮らしてきた若者たちの多くは、学校にも満足に行けず、家庭でも十分な愛情を得られていません。そのため、“何かをやり遂げた”という経験に乏しく、将来を前向きに考えることができません。そこで、総合的なアプローチで支援を行います。

特に2020年秋からは、コロナ禍で就職が困難な状況に対処するため、小規模な自営ビジネスを営むことで収入を得られるように、「小規模ビジネス開発・開始支援金」の提供(月利1%での貸付)や、生計技術トレーニング、生計活動フェアの開催などにも取り組みます。

ご寄付の使い道

いただきましたご寄付は、本事業の実施にかかわる事業直接費(トレーニングに参加する若者の食費、交通費、資料代、リソースパーソン謝金、就職のための各種手続き費用、現地通信費、会合費、カウンセリング関連費等)と、ACC21の事務管理費(本事業の立案、現地との調整等にかかわる責任者・担当者の人件費、日本での広報啓発活動費、その他経費等)に充てさせていただきます。

ACC21の年次報告書やニュースレター、メルマガなどで活動の報告をさせていただきます。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。


郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-6-718320
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※「フィリピン・ストリートチルドレン支援」事業指定寄付をご希望の場合は、通信欄にその旨お書き入れください。指定事業名が明記されていない場合は、ACC21の活動全般に活用させていただきます。

《銀行振込》

銀行名みずほ銀行
支店名駒込支店(559)
預金種目普通
口座番号1120451
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)、指定事業名を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。 また、事業の指定がない場合、ACC21の活動全般に活用させていただきます。