「寄付」タグアーカイブ

緊急支援から自立支援へ

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、2020年4月から、緊急支援活動(救援物資の配布)に取り組んできました。温かいご支援をいただきました皆さまに、厚く御礼を申し上げます。[詳細]

緊急支援活動を始めた当初、事業地のマニラ首都圏には、最も厳しい外出・移動制限措置が課され、路上で暮らす若者たちは生きていくためにお金を稼ぐこともできませんでした。

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止されているなど、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そこで、ACC21は現地パートナー団体のチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう支援に取り組みます。

コロナ禍を乗り越えて、
生きる希望を取り戻し、
自分たちの力で生活していけるように―

いま、あなたのご支援が必要です。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)とは?

ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイトFacebook Twitter

フィリピンの路上で暮らす若者たちの現実

フィリピンの首都マニラ首都圏には、極度の貧困家庭や親の虐待などにより、路上生活を余儀なくされる子ども・若者(ストリートチルドレン)が5~7.5万人いるとされています。その多くは、学校へ行けず、食事も満足にとれず、物乞い、ゴミ収集、車窓のガラス拭き、小物売りなどでお金を稼ぎ、空腹を紛らわすためにシンナーなどに手を出す子どもや若者もいます。

適切な教育を受けていないため、仕事のできる年齢になっても安定した職にありつけず、大人になっても路上での生活を続けるか、反社会的なメンバーとなり、犯罪に手を染める若者もいます。

そこで、ACC21は、豊富な活動経験をもつ現地NGOのチャイルドホープとともに、2018年夏から「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組み、路上で暮らす若者たちが自立のための様々なスキルを身につけ、収入を得て社会の有為な一員となれるよう、支援してきました。

新型コロナウイルスが若者たちに落とした影

しかし、2019年末からの世界的な新型コロナウイルス感染拡大は、フィリピンにも大きな影響を与えています。マニラ首都圏には、2020年3月15日以降、断続的にのべ3か月間厳しい外出・移動制限が課せられました。6月1日以降は一時を除き、相対的に緩和されていますが、引き続き生活に様々な制約があります。

「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」の修了生を含む路上の若者の多くは、雇用先の閉鎖や小規模な自営ビジネス(路上での雑貨や料理の販売など)の取締りによって収入が途絶え、さらなる困窮に追い込まれました。そこで、ACC21では日本の皆さまに支援を呼びかけ、チャイルドホープを通じて救援物資の配布に協力してきました。しかし、中には、そのような民間団体や政府からの救援物資だけでは十分に生活ができない若者もいます。

今後も感染の拡大と経済不振が続くとみられ、スキルや知識をもたない路上の若者が生活に必要な収入を得るのには困難が続くことが予想されます。

今こそ、自立支援を

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止など、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そのため、ACC21はチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるよう、この9月から2020年度の「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」を開始しました。2020年度は、コロナ禍で変化した事業地の状況(政府や自治体による移動・外出制限や経済状況)と新しいニーズに対応するため、年間の対象人数を30人から最大40人に増やすとともに、雇用状況の悪化を見越して小規模な自営ビジネスの立ち上げのための支援に力を入れます。

新型コロナウイルス感染対策を施したうえでのトレーニングのようす

また、これまでは職業技術訓練をマニラ市の人材開発センターで行ってきましたが、センターの再開のめどが立たないため、チャイルドホープの施設に講師を招いてトレーニングを実施します。

若者たちが自立するために必要な支援とは

長年路上で暮らしてきた若者たちの多くは、学校にも満足に行けず、家庭でも十分な愛情を得られていません。そのため、“何かをやり遂げた”という経験に乏しく、将来を前向きに考えることができません。そこで、総合的なアプローチで支援を行います。

特に2020年秋からは、コロナ禍で就職が困難な状況に対処するため、小規模な自営ビジネスを営むことで収入を得られるように、「小規模ビジネス開発・開始支援金」の提供(月利1%での貸付)や、生計技術トレーニング、生計活動フェアの開催などにも取り組みます。

ご寄付の使い道

いただきましたご寄付は、本事業の実施にかかわる事業直接費(トレーニングに参加する若者の食費、交通費、資料代、リソースパーソン謝金、就職のための各種手続き費用、現地通信費、会合費、カウンセリング関連費等)と、ACC21の事務管理費(本事業の立案、現地との調整等にかかわる責任者・担当者の人件費、日本での広報啓発活動費、その他経費等)に充てさせていただきます。

ACC21の年次報告書やニュースレター、メルマガなどで活動の報告をさせていただきます。

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります [詳細] ※

本フォームからのお申込みは、フィリピンのストリートチルドレン支援事業への指定寄付としてお受付いたします。
毎月のご寄付
今回のみのご寄付
毎月のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「毎月寄付する」ボタンをクリックしてください。
今回のご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「今回寄付する」ボタンをクリックしてください。
 
  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ ACC21の活動全般へのご寄付をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。


郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-6-718320
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※「フィリピン・ストリートチルドレン支援」事業指定寄付をご希望の場合は、通信欄にその旨お書き入れください。指定事業名が明記されていない場合は、ACC21の活動全般に活用させていただきます。

《銀行振込》

銀行名みずほ銀行
支店名駒込支店(559)
預金種目普通
口座番号1120451
口座名称特非)アジア・コミュニティ・センター21

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)、指定事業名を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。 また、事業の指定がない場合、ACC21の活動全般に活用させていただきます。

【フィリピン緊急支援 #8】 日本の子どもたちから寄付と応援の声

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

このたび、日本の子どもたち10人が、フィリピンの路上で暮らす子どもたちのために、一人100円ずつの寄付と応援のメッセージを届けてくれました

フィリピンの子どもたちに寄付とメッセージを届けてくれた子どもたち

今回、フィリピンの子どもたちへの寄付とメッセージを寄せてくれたのは、一般財団法人RINDA foundationとある都内の小学校の先生が企画した『トイトイ先生と子どもたちが作る「学びの広場」』(5月16日実施)に参加した5歳から10歳の子どもたち10人。

「それぞれの百円で、地球上の誰かを幸せにすることができるんだよ」という呼びかけと共に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、フィリピンの路上でいつも以上に困窮している子どもたちがいることが大人から伝えられました。さらに、「2,000円で1家族・7日分の食事になる」と伝えたところ、子どもたちは大変驚いたといいます。

日本の子どもたち10人からの合わせて1,000円の寄付と大切なメッセージは、フィリピンの現地パートナー団体チャイルドホープを通じて、フィリピンの子どもたちに届けます。本当にありがとうございました!

フィリピンの子どもたちへのメッセージ

ACC21 は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、緊急支援に取り組んでいます。

引き続き、ご寄付を受け付けています。

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります※

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。


【フィリピン緊急支援 #7】 ロックダウンさらに延長、外出制限は2か月半に

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

5月12日、フィリピン政府は、5月15日までとしていたロックダウン(都市封鎖)の措置を、マニラと一部地域で5月末まで延長する方針を発表しました。この措置によって、3月15日から始まった厳しい外出制限は78日間に及び、中国の武漢市の76日間を超えることになります。

緊急支援活動のようす
緊急支援活動は感染予防のため一定の距離をとって行われています

ただ、緩和の兆しも見え始めています。

感染者の多いマニラ首都圏と隣のラグナ州、セブ市では、これまでも認められていた生活必需品の購入のほか、仕事のための外出や工場の操業も一部認められるようになるようです。

それ以外の地域では、感染者の数によって緩和の程度はまちまちですが、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を取るよう義務付けたうえで外出・移動制限を撤廃する地域もあります。

しかし、マニラの路上で暮らす子ども・若者やその家族にとっては、厳しい生活が続くことに変わりはありません。

物乞いや物売り、ドライバー、日雇いの労働者などをして何とか暮らしてきたストリートチルドレンやその家族の多くは、ロックダウンが始まった3月中旬以降、まともに収入を得られていません。

ACC21は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

これまでに、77人の方から、約58万円のご寄付をいただきました。
引き続き、ご寄付を受け付けています。

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります※

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

【フィリピン緊急支援 #6】 現地から感謝のメッセージが届きました

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

5月11日までに、77人の方から、約58万円のご寄付をいただきました。おかげで、これまでに路上で暮らす若者とその家族ら78世帯が1週間分の食料の入った緊急支援物資を受け取りました。本当にありがとうございます。

皆さまの温かいご寄付に対し、チャイルドホープ事務局長のハーベイ医師より、感謝の言葉が届いています。

フィリピンの路上で暮らす子ども・若者たちとその家族に代わり、緊急支援活動にご寄付をくださった日本の皆さまに、感謝を申し上げます。

皆さまからのご寄付のおかげで、新型コロナウイルスの感染拡大で最も困窮している子ども・若者たちやその家族に、 食料や衛生キットなどの基本的な必要品を提供することができています。

日本の皆さまのご支援は、 社会の中で最も弱い立場に置かれた子どもたちや若者たちを助けるというミッションをもつ私たちにとって大きな励みとなり、そして私たちの活動を一層活発にしてくれるものです。

重ねて、ご寄付いただきました日本の皆さまに、心からの感謝を申しあげます。

Maraming, maraming salamat po. (フィリピノ語で、「本当にありがとうございます」)
Arigatou Gozaimasu!(ありがとうございます!)

ACC21は現地パートナー団体・チャイルドホープと協力し、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます

引き続きご支援を受け付けています。ご協力よろしくお願いします!

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります※

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

【フィリピン緊急支援 #5】ロックダウン下で路上の家族に日本からの支援が届く

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

4月27日までに、65人の方から、約52万円のご寄付をいただきました。このうち、4月9日と24日の2回にわたり、計46万5,300円をフィリピンの現地パートナー団体チャイルドホープに届けました(※)。このご寄付のおかげで、今までのところ、路上で暮らす若者とその家族(60世帯)と4月14日に発生した火事の被災者(18世帯)の、合わせて78世帯が1週間分の食料の入った緊急支援物資を受け取りました

現在、マニラ首都圏のロックダウン(都市封鎖)は5月15日まで延長されることが決まり、路上での生活は厳しく制限されています。このため、緊急支援物資を受け取った78世帯のうち、約8割は親戚の住居に仮住まいをするなどして、室内で生活しています。しかし、親戚も同様に貧しいので、十分な食料はありません。

また、残りの約2割の人々は、路上での生活を続けています。警察は路上で生活する人々を取り締まり、避難所に移動させていますが、避難所の不足によって、路上での生活を続けざるをえない人たちもいるのです。

都市封鎖の影響を受けて、6割の方々は、収入を得られていません。残りの4割近くの方々は、親戚からの支援や、不定期な”仕事”(路上での物売りやドライバーなど)、路上での物乞いなどでお金を稼いでいますが、その”仕事”はロックダウン(都市封鎖)の下では禁止されています。

政府からの支援(現金の支給)を受けたことのある人は7割にのぼりますが、その支援は1回きりで、十分ではありません。また、3割近くの人々は政府からの支援を全く受けていません。

このため、チャイルドホープのような、民間のNGO団体からの緊急物資の配布は、路上で暮らす人々が2か月間の都市封鎖を生き抜くために必要なことです。

人々からは、食料のほかに、水道光熱費や家賃の支払いのための現金や、衛生用品(石けん、アルコール、マスク等)、粉ミルクやオムツなどの子ども用品、より安全な滞在場所、栄養サプリなどのニーズが寄せられています。

(以上はすべて78世帯に対する聞き取り調査で得られたものです)

ACC21は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

引き続き、ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。
いただきましたご寄付は、速やかにチャイルドホープへ送金し、緊急支援物資の配布に活用します。

※4月25日以降にいただきましたご寄付も、5月中できるだけ早く、チャイルドホープへ送金いたします。なお、ご寄付のうち一部は、送金手数料や最小限度の事務管理費に充当させていただきます。

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります※

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

【フィリピン緊急支援 #4】ロックダウン(都市封鎖)再延長で、路上の家族は困窮

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

4月24日、フィリピン政府はマニラ首都圏とその周辺および一部地域で 、ロックダウン(都市封鎖)を5月15日まで延長することを発表しました。

マニラ首都圏のロックダウンは3月15日から始まり、当初は4月中旬までとされていましたが、その後4月30日まで延長されていました。今回の決定により、マニラ首都圏に暮らす人々にとっては、外出を大幅に制限される生活が2カ月もの間続くこととなります。

日ごろ、ストリートチルドレンやその家族は、物乞いや物売り、ドライバー、日雇いの労働者などをして何とか暮らしています。しかし今は、外に出て、そのわずかな収入を得ることさえできません。

ロックダウンが始まる前から、ストリートチルドレンの多くはいつもお腹を空かせています。空腹をまぎらわすために、シンナーを吸う子どもも少なくありません。しかし今は、さらに困窮した状況に追い込まれています。

シンナーを吸う少女

日本の緊急事態宣言とは違い、フィリピンのロックダウンはとても厳しいものです。大統領は「違反者がトラブルを起こすなら、射殺も辞さない」という構えをみせていて、実際に警察による射殺 も報告されています。

この厳しい移動制限にあっても、フィリピンの感染者数は6,981人、うち死者数は462人で、1日100~300件ずつ増加 しています。特に、ACC21が「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」を実施するマニラ首都圏は、感染者の6割以上を占めています。(4月23日、フィリピン保健省

2カ月に及ぶロックダウンによって、路上で暮らす子どもや若者、そしてその家族は、この先ますます困難な状況に陥ると予想されます。ACC21は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、困窮する子どもたちとその家族に食べ物が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

引き続き、ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。
いただきましたご寄付は、速やかにチャイルドホープへ送金し、緊急支援物資の配布に活用します。

4月23日までに、64人の方から、50万円を超えるご寄付をいただきました。
ありがとうございます。

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

※ACC21へのご寄付は税制上の優遇措置の対象となります※

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

【フィリピン緊急支援 #2】4月9日までのご寄付295,200円を現地へ

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の閉鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

4月9日、これまでに31人の方からいただいたご寄付のうち、計29万5,200円を、現地パートナー団体チャイルドホープに送金しました。現地では、金融機関も職員の数を減らして運営されているようですが、来週中には団体のもとに届く見込みです。

日本の皆さまからの温かいご寄付は、ACC21が取り組んでいる「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」でこれまでに支援した若者とその家族への緊急支援物資の配布に充てられます。

子どもを抱きながら「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」のトレーニングに参加する女性(2019年8月)

「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」でこれまでに支援した若者のうち、支援がとくに必要とされている若者は約60人。4月末まで、これらの若者に支援を届けるためには、緊急支援物資の購入費用だけでも、約40万円 が必要です。また、支援を必要としているのは、この若者たちだけではありません。そのため、チャイルドホープと密接に連携し、できるだけ多くの路上で暮らす子ども・若者とその家族に支援を届けられるよう、状況をみながら支援の対象を増やしていきます。

政府の支援を受けられない路上で暮らす子ども・若者たちとその家族に、食料と安心を届けるために、引き続きご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

いただきましたご寄付は、すみやかに現地パートナー団体へ送金し、緊急支援物資(下記、1家族1週間分)の配布に活用します。

  • 米10キロ
  • 麺類
  • ビスケットのようなすぐ食べられる食品
  • 缶詰
  • 粉ミルク
  • 200ペソ(約420円、調理用の灯油や薬を購入するための緊急費用)

たとえば2,000円で…
1家族1週間分の食料になります

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

【フィリピン緊急支援 #1】ロックダウン(都市封鎖)が延長され、ますます困難な状況に

ACC21は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の閉鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、緊急支援活動に取り組んでいます。

路上で暮らす少女(2019年8月)

4月7日、フィリピン政府は当初の予定を延長し、4月30日までロックダウン(都市封鎖)を延長することを発表しました。現在、ロックダウンの対象となる地域(マニラ首都圏を含むルソン島全域)に暮らす人々は、生活必需品を購入するための外出を除いて、移動を大幅に制限されています。

路上で暮らす子ども・若者(ストリートチルドレン)とその家族は、路上を行きかう人たちを対象に商売をしたり、物乞いをしたりしてわずかな収入を得て暮らしています。そのため、路上に人がいなくなると、そのわずかな収入さえなくなり、食料や生活の必需品を買うこともできません。

フィリピン政府は、低所得者層を対象に現金給付を行っていますが、現状では必要な世帯の4割以上に支援が行き届かないという指摘もあります。

マニラ首都圏を対象としたロックダウン(都市封鎖)は、3月15日に開始され、当初は4月14日までとされていました。しかし、4月9日時点でフィリピンの感染者数は4,076人、うち死者数は203人と増加傾向で、東南アジアのほかの国に比べて感染拡大のペースがはやいと指摘されています 。

感染拡大を防ぐ意味では仕方のないことですが、ロックダウンの期間が延長されたことで、路上で暮らす子ども・若者とその家族の生活はますます困窮します。

ACC21は、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府の支援を受けていない子どもたちとその家族(約300世帯)に食べ物や日用品が届くよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。

たとえば2,000円で、
1家族1週間分の食料になります

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。ご寄付金額をプルダウンからお選びのうえ、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込か郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。

フィリピン緊急支援へのご協力ありがとうございました

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市の封鎖によって、路上で暮らす子ども・若者とその家族が困窮していることを受け、2020年4月から緊急支援活動(救援物資の配布)に取り組んできました。温かいご支援をいただきました皆さまに、厚く御礼を申し上げます。

緊急支援活動を始めた当初、事業地であるマニラ首都圏には、最も厳しい外出・移動制限措置が課され、路上で暮らす若者たちは生きていくためにお金を稼ぐこともできませんでした。そのような中、皆さまからのご寄付のおかげで救援キット(食料や生活必需品など)を配布し、困窮する路上で暮らす子ども・若者たち、家族たちの生活を支えることができました。本当にありがとうございます。

9月現在は制限が緩和され、路上での生計活動は認められるようになりました。しかし、子どもや高齢者の外出は禁止されているなど、まだ様々な制約があります。また、企業や飲食店などは営業を再開しつつありますが、感染拡大を防ぐために人員を減らすなどの必要もあり、雇用環境は厳しいままです。路上で暮らす人々が生活を再建し、いずれ安定した仕事に就くためには、さらなる支援が必要です。

そのため、ACC21は現地パートナー団体・チャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるようサポートすることとしました。2018年夏からチャイルドホープとともに取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に再び重点を置き、9月から始まる2020年度の活動では、若者たちが生活を再建し、路上の生活から抜け出せるよう、支援に取り組んでいきます。若者たちがコロナ禍を乗り越えて、自分たちの足で未来を歩んでゆけるように、ぜひ今後とも応援していただけたら幸いです。

なお、これに伴い、緊急支援活動へのご寄付の受付は、9月30日をもって一旦終了とさせていただきます。それまでに緊急支援活動のためにいただきましたご寄付は、ACC21の事務管理費(送金や現地との調整等にかかる人件費等、全体の10%)を除き、全額を救援物資の配布のために活用いたします。最終的な活動の結果は、おってご報告いたします。

改めて、これまでの温かいご支援に心より御礼を申し上げます。

《最新の情報はこちら》
#11:外出制限の緩和から1カ月、路上で暮らす人々は今
#10:路上で暮らす子どもたちからのメッセージと最新報告
#9:累計2,400以上の支援物資が子どもたちの手に
#8:日本の子どもたちから寄付と応援の声
#7:ロックダウン(都市封鎖)さらに延長、外出制限は2か月半に
#6: 現地から感謝のメッセージが届きました
#5: ロックダウンの中、路上で暮らす家族や子どもに日本からの支援が届く
#4: ロックダウン(都市封鎖)再延長で、路上の家族は困窮
#3: 日本からの支援が路上で暮らす若者たちの手に
#2: 4月9日までのご寄付295,200円を現地へ
#1: ロックダウン(都市封鎖)が延長され、ますます困難な状況に

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)とは?

ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイトFacebook Twitter

現在、全世界的に「新型コロナウイルス」の感染の拡大がみられており、日本でも感染者数が増加するとともに、日々の生活においても様々な影響や制約が出てきています。

フィリピンの子ども・若者たちが置かれている状況

ACC21が2018年夏から「路上で暮らす若者の支援プロジェクト」を通じて支援活動を行っているフィリピンの首都マニラでも、3月中旬から5月末まで街が封鎖され、生活必需品の購入などやむを得ない場合を除き外出を禁じられていました。

私たちが支援する路上で暮らす子ども・若者(ストリートチルドレン)とその家族は、日ごろから路上の片隅やスラムの狭い部屋などの不衛生な環境で暮らしています。「手洗い」のための石鹸はおろか、清潔な水さえも、手に入らないことがあります。そのため、感染するリスクはとても高いです。

また、多くの路上生活者は、路上で商品や料理を売ったり、トライシクル(三輪タクシー)を運転するなどして、日々の生活費を稼ぎ、なんとか生活しています。しかし、街が封鎖されると、食料や薬などを買うためのお金を稼ぐこともできません。貯蓄をする習慣や余裕がない家族も多いので、稼ぐ手段がなくなることは、今日食べるものがないということです。

現地の政府や自治体も、路上生活者のために避難所や食料、金銭支援などを行いましたが、すべての人々の安全や食料が十分に保障されているわけではありませんでした。

緊急支援の活動内容

現地パートナー団体・チャイルドホープは、職員の安全に最大限配慮し、マスクや手袋等の必要な感染予防を行ったうえで、路上の子ども・若者とその家族1,000世帯以上に、食料や生活必需品の救援パックの配布を行いました。

※ 現地パートナーの「チャイルドホープ」は、フィリピン社会福祉・開発省に認定された社会福祉団体のため、街が封鎖されている中でも、緊急救援の活動が許可されています。

ご寄付の使い道

いただきましたご寄付は、緊急救援物資、配布のための交通費・人件費、感染予防のための備品購入費、および一部をACC21の事務管理費に充てさせていただきました。支援の結果は、おってご報告いたします。

今後の見通し

ACC21はチャイルドホープとともに、これまで救援物資を届けてきた路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立できるようサポートすることとしました。2018年夏からチャイルドホープとともに取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に再び重点を置き、9月から始まる2020年度の活動では、若者たちが生活を再建し、路上の生活から抜け出せるよう、支援に取り組んでいきます。若者たちがコロナ禍を乗り越えて、自分たちの足で未来を歩んでゆけるように、ぜひ今後とも応援していただけたら幸いです。

なお、これに伴い、緊急支援活動へのご寄付の受付は、9月30日をもって一旦終了とさせていただきます。これまで緊急支援活動のためにいただきましたご寄付は、ACC21の事務管理費(送金や現地との調整等にかかる人件費等、全体の10%)を除き、全額を救援物資の配布のために活用いたします。最終的な活動の結果は、おってウェブサイト等でご報告いたします。

緊急支援へのご寄付

クレジットカードでいますぐご寄付いただけます。金額を選び、「寄付する」ボタンをクリックしてください。

  

※「ROBOT PAYMENT」のページにリンクします。
※ACC21は認定NPO法人です。ご寄付は税制上の優遇措置の対象となります[詳細]。
※ プルダウンの選択肢にある金額以外のご寄付は、銀行振込または郵便振替でお願いします。
※ご寄付申込時にご入力いただいたご連絡先宛に活動報告や領収書をお送りします。

郵便振替・銀行振込でのご寄付も歓迎です

《郵便振替》

口座番号00160-3-552495
口座名称ACC21緊急復興支援
(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)

※通信欄にメールアドレスをお書き入れください。
 ACC21からのお知らせや活動報告をお送りいたします。

《銀行振込》

銀行名ゆうちょ銀行
支店名〇一九(ゼロイチキュウ)支店(019)
預金種目当座
口座番号0552495
口座名称ACC21緊急復興支援

※必ずご寄付者さまのお名前、ご住所、連絡先(メールアドレスなど)を kifu@acc21.org宛て にお知らせください。
※メールでのご連絡がありませんと、領収書やお礼状をご寄付者さまにお送りすることができません。



3月21日|映画「神の子たち」上映会+トークショー

3月21日(木・祝)、ACC21がフィリピンの首都マニラで取り組んでいる”路上で暮らす若者たちの社会復帰のための職業技術訓練プロジェクト”の報告会を兼ねて、ドキュメンタリー映画『神の子たち』の上映会を開催します。

映画『神の子たち』とは?

『神の子たち』は、マニラ市郊外の巨大なごみ捨て場”スモーキーマウンテン”で暮らす家族の姿を描いたドキュメンタリー映画です。2002年シネマアンビエンテ国際環境映画祭でグランプリを受賞したほか、2002年ベルリン国際映画祭の正式上映作品となるなど、高い評価を受けています。

映画の後にはトークとフィリピン料理も!

上映後には、トークセッションとフィリピン料理を味わっていただきながらの交流会を予定しています。トークセッションでは、ACC21も登壇し、路上で生活する若者たちが置かれている状況や、プロジェクトでの取り組みなどについてお話しする予定です。

また、当日は映画『神の子たち』の監督・四ノ宮浩氏にもご参加いただき、映画を製作された動機や撮影秘話などをご紹介いただきたいと考えています。

ぜひ、ご参加ください!会場でお待ちしています。

イベント概要

- Cinema5 × ACC21 映画「神の子たち」上映会+トークショー-

日時2019年3月21日(木・春分の日)14:00~18:30
会場ROOTE BOOKS(JR上野駅より徒歩3分、東京都台東区東上野4-14-3)[地図]
参加費3,000円
主催・認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21 (ACC21)
・Cinema5
※Cinema5は、”映画を入り口に世界を身近に感じよう”というコンセプトで活動するゲリラ上映会ユニットです。
詳細Facebookのイベントページをご覧ください

お申込みの方法

下記ボタンをクリックし、Yahoo!PassMarketを通じてお申し込みください。(事前のウェブ決済をお願いしています)

※ご不明な点などありましたら、ACC21(03-3945-2615、平日10時~18時)までお問い合わせください。

プログラム

13:30開場
14:00『神の子たち』上映
16:15トークセッション
17:00交流会(フィリピン料理つき)
18:30終了(懇親会を予定)

※トークセッションのスピーカーは決まり次第お知らせします。
※フィリピン料理は軽食をご用意します。内容は当日をお楽しみに!

お問い合わせ先

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21
メール:info@acc21.org
電話:03-3945-2615
ウェブサイト:http://acc21.org