「寄付」タグアーカイブ

3月21日|映画「神の子たち」上映会+トークショー

3月21日(木・祝)、ACC21がフィリピンの首都マニラで取り組んでいる”路上で暮らす若者たちの社会復帰のための職業技術訓練プロジェクト”の報告会を兼ねて、ドキュメンタリー映画『神の子たち』の上映会を開催します。

映画『神の子たち』とは?

『神の子たち』は、マニラ市郊外の巨大なごみ捨て場”スモーキーマウンテン”で暮らす家族の姿を描いたドキュメンタリー映画です。2002年シネマアンビエンテ国際環境映画祭でグランプリを受賞したほか、2002年ベルリン国際映画祭の正式上映作品となるなど、高い評価を受けています。

映画の後にはトークとフィリピン料理も!

上映後には、トークセッションとフィリピン料理を味わっていただきながらの交流会を予定しています。トークセッションでは、ACC21も登壇し、路上で生活する若者たちが置かれている状況や、プロジェクトでの取り組みなどについてお話しする予定です。

また、当日は映画『神の子たち』の監督・四ノ宮浩氏にもご参加いただき、映画を製作された動機や撮影秘話などをご紹介いただきたいと考えています。

ぜひ、ご参加ください!会場でお待ちしています。

イベント概要

- Cinema5 × ACC21 映画「神の子たち」上映会+トークショー-

日時2019年3月21日(木・春分の日)14:00~18:30
会場ROOTE BOOKS(JR上野駅より徒歩3分、東京都台東区東上野4-14-3)[地図]
参加費3,000円
主催・認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21 (ACC21)
・Cinema5
※Cinema5は、”映画を入り口に世界を身近に感じよう”というコンセプトで活動するゲリラ上映会ユニットです。
詳細Facebookのイベントページをご覧ください

お申込みの方法

下記ボタンをクリックし、Yahoo!PassMarketを通じてお申し込みください。(事前のウェブ決済をお願いしています)

※ご不明な点などありましたら、ACC21(03-3945-2615、平日10時~18時)までお問い合わせください。

プログラム

13:30開場
14:00『神の子たち』上映
16:15トークセッション
17:00交流会(フィリピン料理つき)
18:30終了(懇親会を予定)

※トークセッションのスピーカーは決まり次第お知らせします。
※フィリピン料理は軽食をご用意します。内容は当日をお楽しみに!

お問い合わせ先

認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21
メール:info@acc21.org
電話:03-3945-2615
ウェブサイト:http://acc21.org


女性農家を起業家に!~スリランカ女性780人の挑戦~

女性農家を起業家に!

「仲買人の言い値で買い叩かれ、利益はほとんど手元に残りません」と口々にうったえるスリランカの女性たち。紅茶の産地で有名なウバ州のウェラワヤでは、農業だけでは十分な収入が得られず、村人の7割が1日約90円以下の生活で、生活保護を受けています。

この村で暮らす780人の女性たちの自立を支えるため、JAPANGIVINGで3週間限定のキャンペーン「女性農家を起業家に!~スリランカ女性780人による地場産業化を支えてください~」を12月3日からスタートします。ぜひ応援をよろしくお願いします。


このプロジェクトは、地域の女性組織のメンバー780人が村の特産品であるピーナッツや有機農産物に付加価値をつけて新たな市場を開拓し、農業で十分な収入を得られるようにするとともに、長年変えられなかった商慣行を打ち破り、当事者が自分たちの手で新しい地場産業を実現するという画期的なチャレンジです。

村の7割が1日90円以下で生活

スリランカの農村の女性たちは、十分な教育を受けていないうえ、生活や医療、子どもの教育に必要な収入がありません。また、早婚の問題も多く、10代で結婚・離婚した女性たちの多くは、養育費や慰謝料がないままに、子どもを育て、経済的な困難に直面しています。活動地域のウバ州モナラガラ県ウェラワヤでは、村人の7割が1日約90円以下で生活し、生活保護を受けています。


貧しい農村で暮らす女性たち780人の自立を支えたい

女性たちが社会に主体的に参加できるようになるためには、女性同士が協力して経済力をつけ、地域社会に対して発言していく力が不可欠です。経済力があがると、自信がつき、周りに対して声をあげられるようになり、家庭においても男性任せではなく、夫や家族と共同で意思決定をするようになります。

このプロジェクトは、仲買人に独占されていた市場を、生産者である女性たちが変革し、新たな地場産業として育成し、地域経済を変えていこう!と立ち上がったものです。彼女たちが“豊かな食を支えている”という自覚と誇りをもち、地場産業を発展させてゆけるよう手を貸してください。


女性たちの能力向上と地場産業の育成に取り組みます

ACC21は2017年度から、現地パートナー団体UWWOと共に、地域の特産品ピーナッツの共同加工・販売をメインにした地場産業の育成と、その実現に不可欠な女性たちの能力向上に取り組んでいます。2017年にはUWWOの敷地内にマーケティング・センターが完成し、ピーナッツの殻むき機が設置されました。そして2018年2月からピーナッツの買取と加工・販売、有機農産物の栽培と販売がスタートしました。

マーケティングセンターの機械で殻をむいたピーナッツを、手作業で等級別に分ける女性たち

とはいえ、仲買人に販売していた農家が、一夜にして“商いのプロ”になることはできません。良質なものを生産し、生産者との仲立ちをするマーケティング・センターが利益を得るためには、(1) 栽培環境・方法の改善、(2) 栽培計画に基づいた生産、(3) コスト計算と適正価格の設定、(4) 販売先の開拓と拡大を継続して行う必要があります。

このため、ACC21は、これらの課題にひとつずつ取り組み、女性たちの能力向上と地場産業の育成に貢献します。

これまでの実績

ACC21は、2017年1月から、この地域で貧しい女性たちの抱えるさまざまな課題の解決をめざして活動に取り組んできました。マーケティング・センターが設置されてから2018年10月末までの9か月間で、ピーナッツ約24.8トン、有機農産物1.24トンを販売し、合わせて約580万ルピー(約400万円)を売り上げました。

これまでの活動を通じて、確実に現地の女性たちの生活に良い変化が表れています。


女性たちの真の自立に向けて

このプロジェクトのゴールは、現地の女性たちが、自分たちの力で特産品ピーナッツの共同加工・販売をはじめとした地場産業を継続・発展させてゆくことにあります。このため、女性たちが栽培の計画を立て、土地を活用し、共同加工・販売の収支計画をつくり、市場を開拓し、実行する-そのすべてを、自分たちでできるように教え、見守っていきます。

十分な教育を受けていない彼女たちが、データを集め、分析し、計画を立て、実行するというのは、簡単なことではありません。しかし、このプロセスを身につけることが、彼女たちの生きる力になります。

5,000円のご寄付で、彼女たちひとりを1年間支援することができます。

ぜひ、彼女たちが真の意味で自立できるよう、皆さんのお力で支えてください。



ACC21banner
FBbanner

《税制上の優遇措置について》
このプロジェクトへのご寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。
所得税の控除や住民税の控除をお受けいただくためには、確定申告の際に、ACC21が発行した「寄付金受領証明書」の提出が必要となります。
寄付金受領証明書は、ACC21より、2019年2月初旬までに郵送させていただきます。なお、寄付金控除証明書には、住民票記載の住所・氏名を記載する必要がありますので、寄付お申込み時に記入した住所が住民票記載の住所と異なる場合は、ACC21までご連絡ください。

※寄付金の年間合計額が2,000円を超えた場合、所得税の控除の対象となります。寄付金の年間合計額には、ACC21への寄付に限らず、税控除の資格をもつ他の団体等(認定NPO法人、公益法人、政党、国、地方自治体を含む)への寄付と合算することができます。詳しくは最寄の税務署や国税庁のウェブサイト等でご確認ください。
※住民税の控除を受けられるかどうかは、お住まいの自治体により異なりますので、各自治体へお問い合わせください。東京都民の方は、都民税の控除の対象となります。

《本プロジェクトおよび税制上の優遇措置についてのお問い合わせ先》
認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
担当:辻本
電話:03-3945-2615(平日10時~18時)
E-mail:kifu@acc21.org

ACC21banner
FBbanner

フィリピンの路上で生きる若者たちの就労を助けたい


路上で生活する若者の職業技術訓練を通じて、貧困の連鎖を断ち切りたい

フィリピンの首都マニラでは、子ども・若者の100人に3人がストリートチルドレンといわれています(※)。貧しさから日々の食事もままならず、学校にも通えない子どもたちは、やがて大人になってもまっとうな仕事につけません。私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、職業技術訓練をはじめとした各種トレーニングと就職のためのサポートを提供することで、路上で生活する若者たちが自立し、路上生活を抜け出せるよう支援しています。

マニラだけでも数万人にのぼるストリートチルドレン

ストリートチルドレンとは、路上で生活したり働いたりする子ども・若者のこと。全体を把握できる統一された統計はありませんが、マニラ首都圏では5万人~7万5千人はいると言われています(※)。虐待する家族から逃れて路上で生活していたり、家族と共に路上やスラムで暮らし、日中は物乞いなどをしてお金を稼ぐなど、ひとくちに“ストリートチルドレン”といっても様々ですが、いずれの場合もその背景には極度の貧困があります。

ストリートチルドレンの多くは、学校へ行けず、食事も満足にとれていません。物乞いやゴミ集め、車の窓ふきなどのわずかな収入でその日暮らしをしています。なかには、ドラッグにはまったり、犯罪に巻き込まれることもあり、女の子は性的虐待にあうリスクも抱えています。

また、路上で出会った男性と関係をもった末に妊娠し、1~2人の子どもを路上で育てる10~20代前半の若いお母さんも少なくありません。その結果、路上生活を送るお母さんの子どもも、ストリートチルドレンの道を歩むことになり、貧困の連鎖が続いています。

フィリピンでは今も人口が増え続けていて、国からの福祉サービスや教育が十分に行き届いていません。特に、ときに出生届さえ提出されていないストリートチルドレンたちは公的なサポートを望めず、海外を含めた市民からの草の根の支援を必要としています。


ACC21は、路上で生活する若者たちが自立した生活を送れるよう支援します

ストリートチルドレンと聞いて思い浮かべるのは、細い身体で物乞いをする幼い子どもたちの姿かもしれません。“あの子どもたちに食べ物をあげたら?”“どうして仕事をするような年齢の若者を支援するの?”と思うでしょうか。もちろん、幼い子どもへのお金やモノの援助も一つの支援のあり方です。

しかし、私たちの考えは少し違います。私たちの支援を永遠に、限りなく続けることはできません。そしてストリートチルドレンの数は、今、この瞬間にも増えています。それならば、私たちにできることは、貧困の連鎖を断ち切る、そのために最大限の努力をすること。路上生活をする若者自身が、働く力を身につけるためのサポートをすること。

それこそが、次の幼いストリートチルドレンを生み出させないための支援です。


成功の秘訣は、現地NGOとのパートナーシップです

けれど、ストリートチルドレンの支援は決して簡単ではありません。これまで社会や大人から見放されてきた若者たちが、“明日を信じて学ぶ”ことの意味を理解して、新しいチャレンジに前向きになるのには、時間がかかります。

そこで私たちは、フィリピン人が運営する現地NGO「Childhope Philippines Foundation, Inc.(チャイルドホープ)」と協力して、今回のプロジェクトに取り組みます。チャイルドホープは、路上教育や職業技術訓練などのプログラムを通じて、20年以上、フィリピン・マニラ首都圏のストリートチルドレン支援に取り組んできました。

私たちACC21もまた、15年近くにわたって、アジアの現地のNGOと連携してさまざまな課題に取り組んできました。今回は、その経験を大いに活用します。たとえば、教育プログラムの内容をともに考えたり、訓練を終えた若者たちがビジネスを始めるための“マイクロファイナンス”のしくみを取り入れたり、日系企業との橋渡しをしたり、日本の同世代の若者との交流を促すなど、ACC21が関わるからこそ実現できることがたくさんあります。


ストリートチルドレン・ゼロに向けて大きなムーブメントを起こします

実は、このプロジェクトの1年目に支援できる若者の数は30人。決して多くありません。彼・彼女たちが自信をつけ、自立した生活を始めるためには、一人ひとりに寄り添った細やかな支援が必要だからです。

もちろん、このプロジェクトは、訓練を受けた若者だけでなく、その子どもや家族を貧困から救い出すもので、その効果は30人にとどまりません。ただ、それでも数万人ともいわれるマニラのストリートチルドレンの数を考えると、ACC21とチャイルドホープだけでできることには限りがあります。

そこで、私たちは、マニラで活動する他のNGOとも連携して、2030年までの「ストリートチルドレン・ゼロ」をめざし、大きなムーブメントを起こします。この6月、マニラのストリートチルドレン支援に取り組むNGOの代表者ら19人が集まり、ワークショップが開かれました。私たちACC21も呼びかけ団体のひとつに名を連ね、代表の伊藤が参加しました。

これからも、「ストリートチルドレン・ゼロ」にむけて、他のNGOや政府・企業などと連携していきます。

資金の使いみち

ストリートチルドレンの若者たちが、仕事につき、安定した生活を送れるよう、幅広いメニューで支援します。

対象は、16歳から24歳までの若者30人(年間)。職業技術を身につけるための職業技術訓練やOJTにとどまらず、日々のさまざまな課題に前向きに対処するための考え方を養う“ライフスキルトレーニング”、就職時に必要となる各種証明書の手続き支援や健康診断、就職活動に向けての履歴書作成・面談指導など、多様なサポートを行います。

ぜひ、長く路上生活を送ってきた若者たちのチャレンジを支えてください。

私たちは、このプロジェクトを、短期間で終わる一度きりの支援にするつもりはありません。訓練に参加した若者たちが路上生活を抜け出して安定した生活を手に入れられるまで、チャイルドホープとともに、しっかりと支えていきます。そして、マニラのストリートチルドレンがゼロになる日まで、フィリピンと日本の多くの人たち・団体の参加を得ながら、広い視野に立ってこの問題に取り組んでゆきます。

ぜひ、ご一緒に、ストリートチルドレンの未来を変えるこの活動を支えてください。

あなたのご支援が、今、路上で希望を持てずに生活している若いお母さん・お父さん、孤独を抱える若者たちの、明日をひらく力になります。


ACC21banner
FBbanner

※ 近年フィリピンのストリートチルドレンについての包括的な統計は行われておらず、その実態をつかむことは困難です。マニラ首都圏の子ども・若者の100人に3人が路上で暮らしており、その数は5万人から7万5千人に達するという数値は、Jeff Anderson氏による調査報告書「Journal of Asian Mission 13 (2012年10月)」で紹介されているものです。


《税制上の優遇措置について》
このプロジェクトへのご寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。
所得税の控除や住民税の控除をお受けいただくためには、確定申告の際に、ACC21が発行した「寄付金受領証明書」の提出が必要となります。
寄付金受領証明書は、ACC21より、2019年2月初旬までに郵送させていただきます。なお、寄付金控除証明書には、住民票記載の住所・氏名を記載する必要がありますので、寄付お申込み時に記入した住所が住民票記載の住所と異なる場合は、ACC21までご連絡ください。

※寄付金の年間合計額が2,000円を超えた場合、所得税の控除の対象となります。寄付金の年間合計額には、ACC21への寄付に限らず、税控除の資格をもつ他の団体等(認定NPO法人、公益法人、政党、国、地方自治体を含む)への寄付と合算することができます。詳しくは最寄の税務署や国税庁のウェブサイト等でご確認ください。
※住民税の控除を受けられるかどうかは、お住まいの自治体により異なりますので、各自治体へお問い合わせください。東京都民の方は、都民税の控除の対象となります。

《本プロジェクトおよび税制上の優遇措置についてのお問い合わせ先》
認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
担当:辻本
電話:03-3945-2615(平日10時~18時)
E-mail:kifu@acc21.org

ACC21banner
FBbanner

スリランカの女性たちに、暴力や不公正のない社会を

sriranka_campaign1

japangivingbanner_after12

家庭内暴力、土地をめぐる紛争、家族の不当な拘束…
行政の手続きや法律の知識がなく、泣き寝入りするスリランカの女性たちを救いたい!

スリランカの農村には、暴力や不公正に苦しむ女性たちが多くいます。しかし、彼女たちは法律や行政の知識がなく、また頼りにできる専門家もいません。そこで、私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)では、地域の女性たちの中から、法律や行政について知識をもち、必要に応じて専門機関に助けを求められる「リーガル・アシスタント」を育てます。

sri2016win_photo2

対象地域・ウバ州モナラガラ県に暮らす女性たちは、十分な教育を受けていないうえ、生活や医療、子どもの教育に必要な収入を得られていません。また、早婚の問題も多く、10代で結婚・離婚した女性たちの多くは、養育費や慰謝料がないままに、子どもを育て、経済的な困難に直面しています。家庭内暴力や土地をめぐる紛争、十分な証拠なしで家族が不当に拘束されるなどの問題もあります。

しかし、行政の手続きや法律についての知識がない彼女たちは、関係当局から支援を受けるための手続きが取れず、泣き寝入りしていることが少なくありません。

sri2016win_photo1

スリランカの農村の女性たちを、法律や行政について知識を持ち、必要に応じて専門機関に助けを求められる「リーガル・アシスタント」に育てます

女性たちが抱えている問題を行政や関係当局に訴え、解決していくためには、自分たちが暮らす地域で気軽に法律や行政手続きについて相談できる存在が必要です。

さらに、地元で解決することが難しい、より深刻なケースには、専門機関と連携して、国内外のネットワークを活用して解決にあたる必要があります。

そこで、今回のプロジェクトでは、農村の女性2人を「リーガル・アシスタント」に育てます。

◎リーガルアシスタントとは?

「リーガル・アシスタント」とは、法律や行政の知識をもち、ときには専門機関とも連携しながら、地域の住民たちが抱える様々な問題の相談に乗り、解決にあたる女性たちです。

選ばれた2人の農村女性が、人権と司法の分野で大きな影響力と実績をもつ人権NGOで、インターンとして3ヶ月間の実務(座学、ケース視察、弁護士との意見交換、記録・文書化トレーニングなど)を経験し、法律や行政の手続きについて知識と経験を学びます。
その後、地元の女性組織を通じて、住民が抱えるさまざまな問題の解決にあたります。

さらに、地域の女性組織と人権NGOの間をつなぐ人材(1人)がインターンを経験し、女性組織の重要なパートナーとなる人権NGOとの連携を強化します。

sri2016win_training

スリランカの女性たちが暴力や不公正に立ち向かう力をつけるには、あと36万円が必要です

1人あたりのトレーニング費は、約7万円(女性組織と人権NGOの間のつなぐ人材を含めた3人のトレーニング費の合計は21万円)。このほかに、地域で活動するための体制整備費(約3.2万円)、事業管理費などを合わせて、総額43万円が必要です。

このうち、すでにいただいたご寄附を除いた36万円をクラウドファンディングサイト「JAPAN GIVING」のチャレンジ(2016年12月1日~31日)を通じて集めます。ぜひお力をお貸しください。

あなたのご寄附で、弱い立場にある女性たちを支えてください

アジア・コミュニティ・センター21は、2016年3月2日に「認定NPO法人」になりました。ACC21へのご寄附は、税制上の優遇措置の対象となります。ご寄附の金額はご自由です。銀行振込や郵便振替でのご寄附も受け付けています。


japangivingbanner_after12

地域に根差したNGOと連携して、少ない資金で大きな成果を実現します

私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、30年以上の活動実績をもつ住民組織「UWWO」(ウバ・ウェラッサ女性団体)を中心とした18の女性組織と連携することで、効率的に事業を実施します。

また、この活動を通じて、国際社会全体で取り組む「持続可能な開発目標(SDGs)」*のうち、「貧困をなくそう」「ジェンダー平等を実現しよう」という2つの目標の達成に貢献をめざします。

スリランカの女性たちが暴力や不公正のない、より良い環境で生活してゆけるように、ぜひ皆さまのお力をお貸しください。

sri2016win_photo3
sri2016win_photo4
japangivingbanner_after12
ACC21banner
FBbanner