「新型コロナ」タグアーカイブ

【フィリピン緊急支援 #10】 路上で暮らす子どもたちからのメッセージと最新報告

フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、路上で暮らす子ども・若者とその家族のための緊急支援活動を始めて2か月以上が経ちました。おかげさまで、これまでに100人近くの方々から、90万円を超えるご寄付をいただきました。本当にありがとうございます。

今日はまず、現地の子どもたちから届いた感謝のメッセージをご紹介します。


5月下旬のニュースでお知らせしましたが、フィリピンのストリートチルドレンがコロナ禍でいつも以上に困窮していることを知り、日本の子どもたちが私たちに寄付とメッセージを預けてくれました。そのメッセージと寄付を現地に届けたところ、現地パートナー団体・チャイルドホープのスタッフはとても喜び、緊急物資に印刷したメッセージを添えて、現地の子どもたちに手渡してくれました。

この動画は、フィリピンの子どもたちから、日本の子どもたちと、支援者の皆さまへのお礼のメッセージです。

★支援をしてくれた日本の皆さん、ご寄付や継続的な支援を本当にありがとう!
★これまでにたくさんの支援を届けてくれて、本当にありがとう。みんなもくれぐれも気をつけてね。
★私たちのために寄付をしてくれた皆さん、本当にありがとう!
★メッセージで僕たちを励ましてくれてありがとう。
   ストリートチルドレンのために支援をしてくれて、本当にありがとう。
★日本の皆さん、ありがとう。これからも支援をお願いします。本当にありがとう!

ACC21はこれまでに、いただいたご寄付のうち803,781円を3回に分けて現地に送り、パートナー団体・チャイルドホープが行う緊急支援活動に活用してきました。

現地では、フィリピン・マニラの路上で暮らす子ども・若者とその家族600世帯を対象に、食料や生活必需品、衛生用品などの緊急支援物資を累計2,500袋以上配布しています。

支援物資を準備するチャイルドホープ・スタッフ

マニラ首都圏では6月1日以降、外出・移動制限の措置が緩和されました。
しかし、現在もフィリピン国内の感染者数は増加傾向です。6月中旬以降、制限措置が再度強化されるか注目されていましたが、6月末までは現在の措置が継続されることが発表されました。

外出や移動の制限が緩和されたことを受けて、路上で暮らす若者や大人たちは、生活の再建に向けて動き始めていますが、すぐにロックダウン前の仕事に就けるわけではありません。路上での雑貨の販売など、すぐに始められることから、少しずつ収入を得ようとしているのが現実です。

そのため、彼らが再び安定した仕事を見つけ、生活を再建するまでの間、継続的に支援を行う必要があります

緊急支援物資を待つ人々の列

このような状況を受け、ACC21は当面の間、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。また、並行して、3月中旬から活動を停止していた「フィリピン路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」でも、活動の本格的な再開に向け、現地と細かな調整を行っています

緊急支援だけでなく、若者たちが就職・起業のための幅広いスキルを身につけるためのサポートを行うことで、路上で暮らす若者たちの生活の再建を支えていきます。

引き続き、緊急支援へのご寄付を受け付けています。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※1 2020年6月16日時点の保健省発表データによれば、 全国の感染件数:26,781件・最新の新規感染者数:364件。うちマニラ首都圏の感染者数は13,858件、最新の新規感染者数は155件です。
※2  6月1日から30日まで、マニラ首都圏には、フィリピン政府が定める4段階の「コミュニティ隔離措置」のうち、下から2番目となる「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」が適用されています。

※緊急支援活動へのご寄付の受付は、2020年9月30日をもって一旦終了しました。引き続き、路上で暮らす若者の自立支援へのご寄付を受け付けています。[詳細]