ニュース
2016年7月29日  

アジアNGOリーダー塾 修了生からのメッセージ



2015年度にアジアNGOリーダー塾に参加した池田耕一さん(現在、大学4年生)が、学びと経験を語ってくれました。
アジアNGOリーダー塾では、2016年度の塾生を追加募集中です。詳しくはこちらへ。

私がアジアNGOリーダー塾で得たもの:圧倒的な現場感覚と一生の仲間たち

anlp_koichi2015_CEDAC.jpeg私がアジアNGOリーダー塾への参加を決めた理由は、至極単純でした。国際協力のプロたちから刺激的な学びを得られること。そして、ネットワーク・資金面など 様々な補助を受けながら現地で就業体験ができ、かつ将来起業する際にもサポートを受けられること。正直言って、これ程「コスパのいい」プログラムはないのではないかと思った位です。

リーダー塾に入ってみると、私の期待通り、いや、それを超えた経験と繋がりを授けてくれました。

東南アジア最貧国の一つ、カンボジア最大の農村開発NGOでの経験は、貧困削減の第一線で戦う人々の在り方とそこに確かに存在する歪みを知る契機となりました。 国際協力にまつわる正義と不義に正面から向き合ったことは、 来春から我が国におけるODAの実施機関で働く自分にとって、得難い経験でした。 そして何よりも、壁を壊すために色々な「悪だくみ」ができる同志たち、彼らの存在が これからの自分にとってどれだけ励みになるか知れません。

省庁・JICA・NGO・起業、 様々な形で開発援助に関わる、真剣度120%の仲間との半年間は、きっとみなさんにも一生ものの気づきをもたらしてくれるはず。

優秀な仲間たちに囲まれ、悩みながら、苦しみながら、自分の価値を追い求め続けたからこそ、今の自分がある。 半年間国際協力に向き合い続けた先には、きっと見たことない景色が待っていますよ。

池田耕一(2015年度塾生)

【参考】
●2015年度アジアNGOリーダー塾報告会での池田さんの発表はこちら
●池田さんのインターンシップ受入れ団体: カンボジア農村開発研修センター(Centre d'Etude et de Développement Agricole Cambodgien (CEDAC) / Cambodian Center for Study and Development in Agriculture)
アジアNGOリーダー塾とは、日本が深いつながりを持つアジアの中で、国境を超えて社会変革をめざす「21世紀を担うNGO起業家」の発掘・支援を目的に、2009年度に開講た人材育成塾です。
●2016年度アジアNGOリーダー塾 塾生追加募集中 ご案内はこちら