ニュース
2020年2月10日  

「第23回写真家達によるチャリティー写真展」
お礼とご報告

DSI_1387.JPG

2019年11月22日(金)~26日(火)、東京・大崎の光村グラフィックギャラリー(MGG)にて「アジアの子どもと女性に夢を 第23回写真家達によるチャリティー写真展」が開催され、200人以上の方が来場されました。

本写真展は、プロの写真家たちが思いを込めた写真プリント作品を会場で販売し、売上金を国際支援団体に寄付する社会貢献活動です。

23回目となる今回の写真展の収益金をACC21に寄贈いただくこととなり、会期中にはギャラリートーク「現場報告:写真の向こう側のアジア」と題して、スリランカとフィリピンでのACC21の支援活動について報告する機会もいただきました。
DSI_1382.JPG
11月23日(土)のギャラリートークのようす
2020年2月7日(金)に、写真展の会場提供はじめ開催に協力くださった光村印刷株式会社の会議室にて、「アジアの子どもと女性に夢を 第23回写真家達によるチャリティー写真展」の収益金の贈呈式が行われました。贈呈式では、写真展主催のフォトボランティアジャパン基金の内堀様からACC21代表理事の伊藤に、今回の収益金50万円が手渡されました。

いただきました収益金は、フィリピンの路上で暮らす若者の自立支援と、スリランカの農村女性の人材育成と収入向上などの活動のために、大切に活用させていただきます。
DSC03853.JPG
贈呈式のようす
期間中、写真展やACC21のギャラリートークまで足をお運びくださった皆さま、主催されたフォトボランティアジャパン基金の皆さま、写真を提供された写真家の皆さま、写真展に協力された光村印刷株式会社、ハクバ写真産業株式会社の皆さまに、厚く御礼を申しあげます。