ニュース
2019年10月30日  

【参加者募集】学習会「在日が目ざす日韓共生社会~日韓みらい若者支援事業に期待すること~」
2019年11月6日(水)18時30分~20時15分(東京・文京区)


日韓両国の関係は、これまでも植民地時代や戦後の処理問題を巡り、対立を繰り返してきましたが、過去1年近くは、日韓両国政府間の関係が急速に悪化しており、両国の市民の間には当惑が広がり、一部の人々は相手国の人々に不信感と嫌悪感を持つに至っています。中でも、日本国内ではヘイトスピーチの対象となる在日韓国人・朝鮮人の人々は、いたたまれない立場に置かれています。

主催団体のACC21とAsia Commonsは、こうした状況から日韓関係の将来を担う若者たちの活動を応援していくことを目的に、「日韓みらい若者支援事業」(末尾※参照)を2019年11月に開始します。

第1回目となる学習会では、在日韓国人2世で在日韓国青年会や韓国民団中央本部の宣伝局長、民団新聞編集長を歴任され、日本のマスコミとの勉強会などを継続的に行われてきた裵哲恩(ペーチョルン)氏(現在はフリーライター)をお迎えし、「在日が目ざす日韓共生社会~日韓みらい若者支援事業に期待すること~」というテーマでご講演いただきます。

この問題に関心を持たれている方、韓国人留学生、在日の方々が感じてこられたことを知りたい、という方、情勢に詳しくなくても、どなたでも参加していただけます。

◇開催概要

学習会「在日が目ざす日韓共生社会~日韓みらい若者支援事業に期待すること~」

【開催日時】2019年11月6日(水)18:30-20:15
【会場】*アジア文化会館 本館2F 129教室(東京都文京区本駒込2-12-13)
【参加費】500円(当日受付でお支払いください。参加申込は下記参照)
【主催】(特活)アジア・コミュニティ・センター21(特活)Asia Commons亜洲市民之道
【参加申込方法】info@acc21.org宛てに、「11/6学習会参加申込」というメール題名で、本文に(1) ご氏名、(2)ご連絡先メールアドレス、(3) ご所属(学生、社会人など。団体として参加される方は団体名称)を記載し、11月5日(火)の15:00までにお送りください。

* 地図・アクセス:https://www.abk.or.jp/access/index.html
・ 都営地下鉄三田線『千石』駅A1出口から東へ徒歩5分
・ JR山手線『駒込』駅南口(池袋寄り)
 または東京メトロ南北線『駒込』駅2番出口(六義園側)から本郷通りを徒歩12
・ JR山手線『巣鴨』駅南口から旧白山通りを千石方面へ徒歩15分
・ 東京メトロ南北線『本駒込』駅出口2より本郷通りを駒込方面に徒歩12分

【プログラム】
18:10 受付開始
18:30 開会あいさつ
18:40-19:25 講演「在日が目ざす日韓共生社会~日韓みらい若者支援事業に期待すること~」
  講師:裵哲恩(ペーチョルン)氏
19:25-20:10 質疑応答・意見交換
20:10-20:15 閉会あいさつ

※「日韓みらい若者支援事業」について
 日韓両国の関係は、これまでも植民地時代や戦後の処理問題を巡り、対立を繰り返してきましたが、過去1年近くは、急速に悪化しており、両国の市民の間には当惑が広がり、一部の人々は相手国の人々に不信感と嫌悪感を持つに至っています。中でも、日本国内ではヘイトスピーチの対象となる在日韓国人・朝鮮人の人々は、いたたまれない立場に置かれています。
 こうした状況から、アジア諸国で現地NGOとの連携で国際協力を行っている(特活)アジア・コミュニティ・センター21(東京都文京区)と、日中韓の市民活動家、在日外国人との交流に取り組む(特活)Asia Commons亜洲市民之道(東京都北区)は、隣人である韓国と日本の問題に市民の立場から向き合おうという共通の問題意識のもと、共同でこの事業を企画しました。
 本事業では、日韓の過去の歴史を、在日韓国人・朝鮮人の若者たちの参加を得て、日本の若者たちが直視し、2国間の共通の歴史観を育み、それを基礎に両国関係の未来を志向する姿勢そして能力を身に付けるのを支援し、その輪を広げていくことを目的とします。

◇お問い合わせ先
認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21
メール:info@acc21.org  電話:03-3945-2615