kiji_image.jpg
2015年7月28日 

和泉中学校の生徒たちがネパールのために募金活動を実施!


7月11日(土)、(公社)日本フィランソロピー協会の支援を受けて、杉並和泉学園和泉中学校(東京)の生徒たちが「ネパールの子どもの教育・生活支援」を目的とした募金活動を行いました。


商店街136店舗と駅頭募金で、22万円の募金が集まりました。 生徒さんたちが真剣かつ熱心に検討した結果、ACC21を通じてチャイルド・フレンドリー・ルーム事業に10万円、(特活)ADRA Japanに10万円を寄付することが決まりました。和泉中学校のみなさん、ありがとうございました。


「アジアの中でも貧しく厳しい状況にあるなかで、災害でさらに追い打ちをかけられている子どもたちが教育を受けられるような支援をすることで、貧困の連鎖を断ち切ることにつなげたい」という願いが込められているとのこと。 ACC21はこの嬉しい知らせを、さっそくネパールの現地パートナー団体に伝えました。



7月17日(金)には、和泉中学校で贈呈式が行われ、ACC21の伊藤代表理事が、感謝のスピーチとネパールの子どもたちの現状についてのプレゼンテーションを行いました。



募金活動をしてくださった和泉中学校のみなさんと

ACC21では、コンサーン・ネパールのチャイルド・フレンドリー・ルーム事業を支援するために、募金を実施中です。


皆さんのご支援、よろしくお願いいたします。