ニュース
2014年2月21日  

フィリピン大型台風被災地復興支援のための募金キャンペーンを開始


2013年11月8日にフィリピン中部に上陸した大型台風30号(平成25年台風第30号。フィリピン名:ヨランダ、アジア名:ハイエン)は、暴風雨による洪水、鉄砲水などを引き起こし、死者6,200人、被災者1,600万人を超える甚大な被害をもたらしました。被災地では復興のための支援がまだ必要とされているため、ACC21では復興支援のための募金キャンペーンを新たに開始することにいたしました。

ACC21ではこれまで、(財)地球市民財団から緊急救援のための助成金100万円を受けて、パラワン島北部コロン行政区での救援活動(食料、寝具、衛生キットなどの配布)を支援しました(現地パートナー団体:災害救援支援センター(CDRC))。また、「日比NGOネットワーク(JPN)」事務局、メンバーとして、被災者支援募金活動に協力してきました。

台風で被災し、家や家族で営んでいた店が流されたロウェナさん(東サマール州、ヘルナニ行政区)

被災地では、徐々に商店が再開し、経済は回復しつつあり、人々は生活を再建し始めています。政府や様々な支援団体の活動も少しずつ復旧、復興支援に移行し、「キャッシュ・フォー・ワーク(労働の対価として現金などを支払う)」というプログラムを通じて、収入を得ている人も出てきたとのことです。

しかし、食糧、住居、生計手段の確保は未だ人々の喫緊の課題で、まだ多くの校舎、行政施設などの修復や再建が必要となっています。レイテ島、サマール島だけで23.9万軒の住居が全壊*1しましたが、2月17日、社会福祉開発省(DSWD)は、これまでに同2島で1,445世帯が仮設住宅に入居したと発表しました。被災地全体での被災家屋数は約114万軒(全壊約55万軒、一部損壊約58.9万軒)であり、国連人道問題調整事務所によると、そのうち約47.4万世帯が修復資材の支援を受けたそうです*2

遠隔地では瓦礫が今なお散在しており、適切な処理がされていないそうです。さらに、漁網の配布など、生計手段の回復に向けた支援が始まっていますが、数は限られているとのこと。漁民は船や漁網、農民は、種や農具、水牛などを求めており、人々は生計手段の回復こそ、今必要な支援だとうったえています。

被災から3カ月以上が経ち、メディアで取り上げられることも少なくなってきましたが、被災地全体で約3.3千万本の椰子の木、約3万船(小船を含む)という甚大な被害であり、国連は引き続き協力を呼び掛けています*3

このように、被災地では復興のための支援がまだ必要とされているため、ACC21では復興支援のための募金キャンペーンを新たに開始します。なおいただきましたご寄付は、日比NGOネットワーク(JPN)を通し、現地に届ける予定です。ご寄付の方法、支援活動の概要については、下記をご覧ください。ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

*1フィリピン国家災害リスク災害管理委員会(NDRRMC) 2013年12月20日発表
*2UNOCHA、2014年1月28日
*2UNOCHA、2014年2月16日 Press Release

■ご寄付金の振込先
下記口座(ゆうちょ銀行、みずほ銀行)にて、ご寄付金を受け付けております。

【金融機関名】 ゆうちょ銀行
【店名(店番)】 〇一九(ゼロイチキユウ)店(019)
【預金種目】 当座 【口座番号】 0552495*
【口座名称】 ACC21緊急復興支援(エーシーシーニジュウイチキンキュウフッコウシエン)
* ゆうちょ銀行口座からの振替の場合は口座番号:「00160-3-552495

【金融機関名】 みずほ銀行
【支店名】 駒込支店 【店番号】 559
【預金種目】 普通 【口座番号】 1126638
【口座名称】 ACC21緊急復興支援

※お振込の履歴からは、当センターでご連絡先の情報を完全に把握できない場合がありますので、お手数ですが、お振込み後に、お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡ください。(電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692 メールアドレス:phil@acc21.org)

※ご寄付金は「日比NGOネットワーク(JPN)」を通じて、現地に送られる予定です。この場合、当センター(ACC21)からJPNにご寄付金の全額を送り、JPNでは、事務局活動費(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む。最大20%を目安)を差し引いた額を現地実施機関に送金しています。

■支援活動の概要
フィリピンに関わる国際協力を行う21団体で構成されている「日比NGOネットワーク(JPN)」を通し、援助の手が十分に届いていないサマール島の住民への支援を行います。

【実施団体】 Western Samar Development Foundation, Inc.(WESADEF)/西サマール開発財団(ウェサデフ)
【対象】 東サマール州
【支援内容】 生計手段の再建活動