ニュース
2016年7月1日  

ネパール復興支援事業を終了しました


アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)では、2015年の4月以来、ネパール地震被災地への支援を続けて参りましたが、ネパールのパートナー団体「コンサーン・ネパール」との間でも合意が得られたため、6月30日をもちましてネパール地震にかかわるすべての募金活動を終了することといたしました。

皆さまからのご支援のおかげで、震災直後には食料や衛生用品などを配布し、その後、安全な水の供給や子どものトラウマ防止や学習支援を行うとともに、児童労働の軽減につなげる「チャイルド・フレンドリー・ルーム」事業を支援することができました。

これまで、さまざまな形で復興支援の重要性に賛同し、支えてくださった皆さまに心から感謝申し上げます。

長期にわたる皆さまのご支援、本当にありがとうございました。

なお、7月1日以降も、特定のプロジェクトに限定しない緊急支援へのご寄附を引き続きお願いいたします。大規模自然災害が発生した直後に、当センターで迅速に救援活動に着手できるようにするため、常時募集しております。
緊急支援口座へのご寄附は、原則として直近に発生した緊急支援事業に使わせていただきます。(詳しくはこちら